So-net無料ブログ作成

ウイルス対策ソフトには害悪が存在 [セキュリティ]

数日前の記事だが、GIGAZINEにこんな記事が出ている。

「Microsoft以外のウイルス対策ソフトは害悪なので入れるべきではない」とMozillaの元開発者が告白
http://gigazine.net/news/20170131-stop-using-antivirus/

これには私も同意だ。

そもそも現在のセキュリティソフトは既知のマルウェア以外にはあまり役立たない。
未知のマルウェアに対する防御機能もあるが、これは誤動作が多いという弊害がある。
そして不要な機能が多すぎる。これが問題を起こす大きな要因。

ただ、記事のタイトルにもある「Microsoftのウイルス対策ソフト」もあまり信頼できない。
特にパソコンに対する負荷については、少なくともAVASTより確実に重い。
これは、以前ATOM系のCPUを使うWindowz10パソコンにAVASTを入れたところ目に見えて重くなったので、他に軽いセキュリティソフトをと思い「Windows Defender」に切り替えた。するとさらに重くなったという経験があるためだ。


まあ現実的に考えて、セキィリティソフトは入れなければマズイと思う。

しかしその為に入れない場合よりも多くのリスクを抱えるという矛盾はどうしたものか。

パソコンのおかげで色々便利にはなったが、セキュリティ問題にこうも手間を取られるという。

本当に、なんとかならないものだろうか。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る