So-net無料ブログ作成

Corsair CMK32GX4M2A2400C14R [ハードウェア]

先日注文した、DDR4メモリーモジュールが届いた。

買ったのは「Corsair CMK32GX4M2A2400C14R」、DDR4-2400 PC4-19200 16GBモジュール2枚組だ。


このモジュールを選んだ理由は3つある。

一つ目はDDR4-2400時のレイテンシが14-16-16-31と低い事。
二つ目はB1ガーバーが採用されている可能性が高い事。
三つ目はモジュール高さがヒートシンク無しと比べ2mm高い程度と低い事。


というわけで、届いてから真っ先に未確認情報であるB1ガーバーかどうかの確認をした。

lpx2400.jpg

不鮮明な写真でわかりにくいかもしれないが、メモリーチップが左右に寄って接近している事がわかる。また、ヒートシンクに隠れていない部分の配線を見ても、B1ガーバーの特徴である集合抵抗を用いない配線である事が確認出来た。他には写真が無いが、メモリーチップの位置がB0ガーバー採用モジュールと比べて明らかに端子側に近い配置である事も確認。

以上の事から、「Corsair CMK32GX4M2A2400C14R」はB1ガーバーであると判断する。


この情報はメーカーサイトに無いし、他でも確認出来る情報を見つける事が出来なかった。
販売開始された時期が2015年10月頃と、JEDECによるB1ガーバーの正式な策定時期の12月よりも早い事からB1ガーバーではない可能性があったが、B1ガーバーであって良かった。


それからこのモジュールは海外のサイトでDDR4-3200でのオーバークロック動作が報告されている事もあり、定格での安定動作とオーバークロックの可能性が期待出来る。
オーバークロックについてはCPUのメモリーコントローラーの性能やマザーボードの配線の影響があるため、どこまでいけるかは実際にやってみないとわからないが、実際に動作した報告があるのと無いのではまったく違う。

期待を裏切られる可能性もあるが、そこは実際に組んでからのお楽しみというところだ。

早くZenが出て欲しいと思う。


Win10に強制アップグレードされたPCをWin7に戻す [OS]

先日強制アップグレードでWindowz10にされてしまった知人のパソコンを、Windowz7に戻す作業をした。


必要な物は全てあるからとパソコン本体のみを預かってきたのだが、PS2マウスとUSBキーボードをつないで電源を入れたところ、マウスは認識せず、キーボードは認識するものの、Windowsキーが効かない。
これはWindowz10のシャットダウンが、実際にはシャットダウンではなく特殊なスリープ状態である事が原因のようだ。

そこでUSBマウスをつないでマウスでスタートボタンをクリックした。しかしスタートメニューは開かない。
スタートメニューが開けないと元に戻せないようなので、これでは困る。

こうして作業は最初から躓いてしまった。


仕方がないので再起動を試みるが、スタートメニューが使えないため再起動が出来ない。
そこでエクスプローラーでcmd.exeを管理者で起動して「shutdown -r」で再起動をかけたところ、やっと再起動してくれた。


再起動すると漸くスタートメニューが使えるようになった。
そこで所定の手順で元に戻す作業を開始。

w7001.png

アップグレードして元に戻すのに1ヶ月の制限があるとか、どう考えてもクレイジーとしか思えないが、今回は強制アップグレードされてから1週間ほどなので関係無い。
憤りを感じつつも開始すると、何故元に戻したいのか聞かれるが全てネガティブな答えにして、最後のメッセージ欄には「マイクロソフト死ね」と書いてやった。(書いた後大人気ないと思ったがあえてそのまま次へ進んだ。)

が、進むとこんな画面が。

w7002.png

注意のつもりだろうが、私にとってこれは脅迫にしか思えない。
使用者の了解を得ず勝手にアップグレードしておきながらこれだ。


だが脅迫に負けずメッセージを無視して続けると、その後は順調に作業は進み無事Windowz7が復元。
おなじみのデスクトップが表示され、Windowz10では動かなかった業務に使用するソフトウェアも無事に動作した。

しかし、しばらくするとWindowz10のダウンロードが始まった。
Micro$oftはどうあってもWindowz10にアップグレードさせたいようだ。
当然、私はダウンロードを強制終了してLANケーブルを抜いた。
そしてその後、Windowz10にアップグレードさせるためのあらゆる仕組みを排除した。


まあ、今回は自分で組み立てたクリーンな環境だったので、Windowz7に戻してもなんら問題は無かったが。市販のイロイロされたパソコンの場合、一部のプリインストールソフトが元に戻らないとか、そもそも戻す事自体に失敗するケースすらあると聞く。

もし元に戻せない場合は、リカバリ(又は再インストール)を行って環境を再構築するしかない。
そのための時間と労力を金に換算したらいくらになるのか。

今回の仕事料をMicro$oftに請求したら、Micro$oftは支払ってくれるのだろうか。



マイクロソフトの「汚いトリック」 [OS]


ウィンドウズ10更新、マイクロソフトの「汚いトリック」と批判
http://www.bbc.com/japanese/36376047?ocid=bbc-japan-twitterjapan

以下、記事からの引用。

“ウィンドウズ10への更新を推奨するポップアップ右上の赤い「x」をクリックすると、ボックスが閉じるのではなく、更新手続きが始まる”

“こういう汚いトリックは、長年のウィンドウズ・ユーザーを怒らせるだけだ。”


Micro$oftの言い分は「ユーザーのためにやった」事らしいが、実際には自分自身の事しか考えていない。

しかしそれでも、私を始め多くの人は必要に迫られてWindowzを捨て去る事が出来ない。

もちろん絶対に不可能ではないが、そのためには非常に多くのものを失う事になる。


Micro$oftが“Windows as a service”と言うのなら、Windowsの全てを公開し、OS本来の機能とそれ以外の機能に分け、必要な機能は全て利用者に選ばせるべきだと思う。



パッチ疲れ [雑談]

もう管理しきれない……企業にまん延する「パッチ疲れ」が深刻化
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1605/16/news03.html


かつてTIバブルと呼ばれた時代、現在のこの惨状を一体誰が予測できたのか。

あの頃は猫も杓子もIT、ITで、ITがなんなのか知らずにバラ色の未来を夢見て金をドブに捨てるがごとくの投資をしていた。

まるで無知な消費者が家電量販店で「インターネットください」と店員に尋ねるように。

現在では一部で多少の意識向上は見られるが、他は酷いものだ。
それを助長するソフトウェアを売る側の問題も大きいが。


すでに現場では「パッチ疲れ」が深刻化しているという。
私もそうだ。
本職のSEほどではないにせよ、私もこの問題にはもう疲れた。

・・・疲れた。


セキュリティ問題は今後増える事はあっても減る事は無い
http://17inch.blog.so-net.ne.jp/2016-04-14



私の身近にも勝手にアップグレードの被害者が出た [OS]

とうとう私の身近にも、Windowz10の勝手にアップグレードの被害者が出てしまった。

その数2名。


一人はパソコンの用途がネットを見るだけなので大した問題にはならなかったようだが、もう一人は仕事に使っているパソコンなので、業務で使用しているソフトウェアが動かなくなって困っている。


こういう事は法的に何も問題がないのだろうか?



そもそもこうした問題の大元には、Micro$oftによるWindows利用者への悪質な嫌がらせが存在する。

どういう事かというと、Micro$oftは自社の新しいOSへの移行を進めるため古いOSで新しいソフトウェアが動かなくなる細工をしたり、逆に新しいソフトウェアを売るために新しいOSで古いソフトウェアが動かなくなる細工をやっている。
逆に言えば、こうした細工が無ければ一部廃止になった機能を利用するものや、どうしても新しいOSの新機能が必要なもの以外は互換性問題など出ないのだ。

意図的に問題を作り出すなど、いくら営利企業だからといってやって良い事と悪い事があるはず。

私の感覚ではMicro$oftのやっている事は犯罪以外の何ものでもない。



参考:

「勝手にWindows10」騒動、MSついに屈服? 「更新回避法」を動画で紹介する事態に
http://www.j-cast.com/2016/05/23267555.html

徐々にエスカレートしていくwindows10アップグレードちゃんの様子
https://twitter.com/ponzholic/status/732906390084157441/photo/1



今DDR4メモリーを買うべきか その2 [ハードウェア]

昨日記事を書いて1日しか経っていないが、結局Corsair製のDDR4-2400/16GBモジュール2枚組を注文した。

理由は、考えてみれば半年やそこらでDDR4のクロックが現在よりも上がるはずなどないからだ。


DDR3は市場に出回ってから7年という長い期間パソコン用メインメモリーの主流として存在してきたが、規格上は「DDR3-2666、PC3-21333」まで策定されていながら、実際に利用された上限は7年経っても「DDR3-1600、PC3-12800」止まりで規格上の上限から6割以下の速度しか出せなかった。

一方DDR4はDDR3よりもメモリー周りの条件がずっとシビアである。

であるならば、DDR4の速度が上がる余地はDDR3以下であると考えられ、ヘタをすれば年末登場予定のKabylake(DDR4-2400対応がほぼ確定らしい)以降、今後3年くらいは「DDR4-2400、PC4-19200」以上の速度に対応するシステムは出ない、つまりCPU側の定格がPC4-19200止まりである可能性が高い。

そうなると半年後のZenが出た時はZen自体がPC4-17000又はPC4-19200対応止まりで、それ以上はオーバークロックでの対応ではなかろうか、と考えられる。

だったらもう安い時に買ってしまえ、と。


ただし今後の技術革新によって大きなブレイクスルーが起きる可能性は否定できない。

実際にDDR4は規格策定時、メモリーチャネル一つに付きメモリースロットは1本に限られる予定だったが、現在売られているマザーボードにはスロットが4本付いている。DDR3も1チャネル1スロットが検討されていたのが1チャネル2スロットになった事もあり、あくまで“可能性”ではあるがこうした「昨日まではありえなかった仕様が今日からは普通」となる事を否定は出来ないのだ。


とはいえ、現時点でもDDR4-2400以上は1チャネル1スロットじゃないと無理(あくまで標準の仕様上の話でオーバークロックは除外する)という話も出ているし、DDR4規格策定時の2010年には1モジュール1スロットではメモリー容量が足りないという話だったのが今では1チャネル1スロット(都合2チャネル2スロット)で32GBも登載出来るので、これだけ載れば十分だと言う判断でその辺りを割り切り、1モジュール1スロットに限定して高クロックのDDR4モジュールが普及するかもしれない。

今年の常識は来年の非常識なんてことも当たり前のコンピュータ業界なので、その辺りはもうなったらなったで仕方がないとしよう。



参考:

4Gbpsの次世代メモリDDR4の問題はメモリ搭載量
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20100823_388253.html

メモリ4Gbps時代へと向かう次世代メモリDDR4
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20100816_387444.html

B1ガーバー製品についてセンチュリーマイクロに聞く
http://news.mynavi.jp/articles/2015/09/29/ddr4/006.html



今DDR4メモリーを買うべきか、我慢すべきか [ハードウェア]

現在パソコン用メインメモリーは、DDR3よりDDR4に移行が進みつつある。

そんな中、今年になって日本国内のDDR4メモリーモジュールの価格が急激に下がった。
ネット上の情報を見ると価格の下落は、DRAMの相場が下がっている事に加えて円高が多少影響しているようである。

価格の具体例を挙げると、4GBのモジュールで2000~3000円、8GBで4000円前後、16GBで8000円前後となっている。
ここまで下がるとさすがに底値ではないかと感じ、Zenの登場を待っている私としては先にメモリーモジュールだけ買っておこうかという気になった。

だが少しだけ躊躇してしまうのだ。
その理由はDDR4メモリーの性能が、いまだにDDR3を超えたとは言えないためである。


以下はDDR2からDDR4まで、代表的な規格をまとめた表。

DDR_DRAM_k.png


DDR2からDDR3への移行期、DDR2はPC2-6400が主流で、DDR3はPC3-8500が主流だった。
それぞれの転送速度を比べると、PC2-6400は6.4GB/s、PC3-8500は8.533GB/s。これに対しDDR3の謳い文句は「DDR3はDDR2の2倍の速度」となっていて、主流規格同士の比較では事実と違う。ただ、DDR2で最も遅いPC2-4200との比較では正しい。
DDR4でも同じ事が起きていて、「DDR4はDDR3の2倍の速度」という主張がある一方で、主流同士の比較だとDDR3が12.8GB/sに対してDDR4は17.0GB/sであり、レイテンシ分の遅れを含めるとDDR3の方が速いケースもあって、PC3-12800とPC4-17000の実効転送速度は同等かDDR3の方に軍配が上がると思う。

これを裏付ける証拠は、ゲームのベンチマークでのメモリー転送速度比較がある。

DDR3vsDDR4.png
出所不明のベンチマークによる比較グラフ。Counter-Strikeというゲームで行ったものらしい。

実際のところ、DDR4が有利な大容量データの読み書きは、一般的なパソコンの使い方ではめったにない。一般のアプリケーションではメモリーに対する細切れの読み書きが頻繁に発生するわけで、そうなるとCPUが読み書きの命令を出してから実際にメモリーからデータの読み書きが始まるまでの時間差である“レイテンシー”の大きさが重要になって来る。


レイテンシーにはいくつかの種類があるが、主に4-4-4とか9-9-9などと3つの数字で表す事が多い。最も単純な表記はCL4やCL9といったCAS(Column Address Strobe latency)レイテンシーのみを表記したもので、CASという信号がメモリーモジュールに送られてから実際にデータの読み書きが行われるまでにかかる遅延時間をクロック数で表している。つまりCL9であればCAS信号が送られてからメモリークロックが9回進んだ時、やっと実際の読み書きが行われるという事である。

このレイテンシーはDDR3のPC3-12800が大体11-11-11辺りが普通で、DDR4のPC4-17000が15-15-15である。そしてバスクロックはPC3-12800の場合400Mhz(DDR800Mhz)、PC4-17000が533Mhz(DDR1066Mhz)。こうして考えると、PC3-12800に対しPC4-17000は単純計算で5%ほど、読み書き信号を送ってから実際に読み書きが始まるまでの遅延が長い事になる。

ただし一旦データの読み書きが始まればPC3-12800に対しPC4-17000の方が3割ほど速いので、ある閾値を境にDDR3かDDR4か、どちらかが速くどちらかが遅いという結果になるわけだ。


以上の事から、DDR4のメモリーモジュールは今の所クロックが低く、DDR3のPC3-12800モジュールに対し完全に速いと言い切れる性能を発揮するためには最低あと2段階くらい上の速度規格、DDR4-2666のチップを使った、PC4-21333規格のモジュールが必要だと思う。

そう考えると、半年は先のZenのために、今安いからと言ってPC4-19200辺りのモジュールに妥協して買ってしまおうか、それとも我慢すべきかなどと悩むのである。



参考:

ベンチマークテストで確認――DDR2
http://ascii.jp/elem/000/000/346/346445/



もはや“わいせつ物陳列罪”を適用すべきレヴェル [セキュリティ]

取引内容だだ漏れ? 国内3400のFTPサーバが外部から閲覧できる状態に
http://news.mynavi.jp/news/2016/05/13/293/


5月13日、株式会社ラックは「匿名FTPサーバで重要情報が公開されていることへの注意喚起」を公開した。

内容を大雑把に言うと、主に中小企業においてサーバ内のファイルが無制限に外部公開されているケースが多く、中には顧客との取引が詳細にわかる書類までもが含まれているという事だ。

顧客との取引情報は機密に当るものも当然含まれる。
技術関連や新製品の投入に関する発注や領収に関する書類を閲覧出来れば、取引した企業の秘密を知るだけでなく相手を出し抜いて有利に仕事を進める事が可能だし、商品や取引に何か問題を見つける事が出来れば、相手を市場から追い出す事も出来るかもしれない。

これはまるでパンツを履き忘れて○ンコ丸出しで外を徘徊するようなものであり、こんな体たらくでは日本の産業が弱体化することも当然に思うのは私だけだろうか。


あまりにも誇大に宣伝し過ぎ?当然だ! [ハードウェア]

新しい技術や商品を売る場合、そうしたモノが存在するという事実とその魅力をどれほど世の中に浸透させる事が出来るかが問題だ。もし誰にも見向きされなかったら、売り出す前に失敗が確定するも同じだ。

特にこれらの開発に多大な金が掛かる場合、必要な資金は借金する場合が少なくない。従って、まだ未完成であっても、愚衆どもを熱狂させるためのイリュージョンを見せ、資金提供者に「投資すれば見返りがある」事を納得させなければならない。

コツコツと努力を積み重ね、それが完成した後に売り出すという手法はもはやほとんどの場合で通用しなくなった。ウソでもなんでも情報をバラ撒いて金と愚衆の関心を集めた者が勝ちの世の中になってしまったからだ。


そんな“モノ”の中の一つに、VR(バーチャルリアリティ)というモノがある。

VRとは現実にはその場に存在しないものを見せたり体験させたりする技術で、大規模なものは建物丸ごと使うモノから、小規模であれば擬似的に3次元画像表示が出来る簡易な装置を頭に装着するモノまで様々。そして肝心のソフトウェアは映画やゲームのようなエンターテイメントが最も大きな用途で、一部では様々な“シミュレーター”の一部として活用されている。


だが、私に言わせれば、現在最も進んだVR技術でさえ子供騙しにしか見えない。
特に普及が進む“頭部装着型”のデバイスに関しては、視差を利用した平面画像を擬似3D化させて視野の狭いディスプレイで表示させるために、“あくまで擬似的でしかない3次元映像”とイヤフォンからの“擬似3D音声”によってVRとは名ばかりのヘンテコな体験を強制され、健康に悪影響があるからと子供には利用を禁止させるケースすらあるほどだ。

にも関わらずそのようなデメリットは一切伏せられて、VRの誇大広告が蔓延している。

そして今日、この事について私の知る限り初めて妥当な意見を見つける事が出来たので紹介する。


2016年は「VRの年」とならない可能性--UnityのCEOが語った仮想現実
http://japan.cnet.com/news/commentary/35082104/?tag=rightAttn


この記事中に

“Riccitiello氏は「あまりにも誇大に宣伝し過ぎた」と述べた。「2016年と2017年で期待外れのギャップが現実化する」”

というものがある。私はこの「あまりにも誇大に宣伝し過ぎ」と「期待外れのギャップが現実化する」という言葉に同意したい。


さらに記事中には、“VRとARが最終的にアナリストの予測よりもはるかに大きいものになる”とも書かれている。
私はこれにも同意する。ただし、VR技術が「子供騙し」の域を脱する事が出来たのならば、という条件付だ。



VRについては古くから映画や小説などの創作の中で語られてきた。
映画「TRON(1982年)」や「マトリックス(1999年)」などはその代表的な例だが、あれほどとは行かないまでも、それに少しでも近付いたレベルでなければ私は納得出来ない。


そして、そんな技術が確立できる未来が来るのかどうかは、今の所まったくの未知数である。



VRのこれからが見えてくるかもしれない、VRを描いた映画10選
http://www.moguravr.com/vr-movie-10/




Windows10のKB3156421が示すこと [OS]

すでに先週から話題になっていることだが、今月のWindows updateで配信されたWindowz10向けのアップデート、KB3156421が大きな波紋を呼んでいる。

このKB3156421に関する問題は、表面的には適用するとWindowz10の動作がひどく重くなるというもの。
そしてその原因はCortanaの動作に問題があるとして、Cortanaの機能の一部をオフにするという解決方法が出回っている。

私の持つWindowz10環境は現在デスクトップとタブレットが各1台あるが、どちらもCortana自体が機能しないように設定しているためこの不具合を確認できない。しかし実際私の環境では起きていない事から、出回っている解決方法は正しいのだろう。


そんなわけでKB3156421を導入してパソコンの動作が重くなった場合、Cortanaをなんとかすれば解決して問題がなくなるわけだが、実際の所この問題はとても根が深く深刻だ。

まず市販されるパソコンの大多数にインストールされるWindowz10 Home Editionは、Windows updateが強制執行される設定を変える事が出来ないため、事前に問題を把握していてもアップデートを一時保留するなどして問題を回避する事が出来ない。
(一応回避策は用意されていているが、一般の消費者の多くは事実上不可能な方法である。)

また、Professionalなどビジネス向けのエディションではWindows updateを保留する事が出来るが、アップデートを保留して問題を回避するにしても、Windowz10の場合は全ての更新プログラムが一つのアップデートパッケージに含まれるので、問題を含むアップデートのみを保留する事が出来ず、他の緊急を要するセキュリティアップデートを個別にインストールする事が出来ない。
従って、今回の問題で言えば、セキュリティリスクを取るか、パソコンがマトモに動かなくなるのか、どちらかを選ぶしかないという事だ。

さらに、今回問題になったのはCortanaに関する不具合だが、このCortanaがWindows 10 Insider Preview ビルド14328以降で無効にできなくなっているらしい。この仕様変更は今夏の「Anniversary Update」で適用される事が確実らしいので、外部ツールでCortanaを殺してある私の環境ではどうなるのか。
もし復活させられてしまうとなると非常に腹が立つ。
そして今回のような問題がまた起きれば、回避策が無い場合どうしようもなくなるというわけだ。


とにかくWindowz10を含め、最近のMicro$oftのWindows updateは問題が多すぎる。
特に今回のKB3156421で浮き彫りになった一括でないと更新が受け取れない問題は、Windowzの安定性とセキュリティに大きな影響を与え、今後ますますWindowzの使い勝手が悪くなるという事を示している。

ただでさえ不安定要因が増したWindowz10がこんなでは困る。
しかもユーザーの自由度は減っていく一方であるため、自力で問題を解決する方法も限られてくる。

他のOSに移行することも考えられるが、少なくとも私には現状で不可能である。

さて、どうしたものか。


Windows 10アップデートで動作が異常に遅くなる可能性
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20160511_756756.html

更新プログラム「KB3156421」に起きたトラブルと心配
http://news.mynavi.jp/articles/2016/05/16/windows10report/



メッセージを送る