So-net無料ブログ作成

そこまでしてストアアプリを売りたいのか [OS]


「Windows 10 Anniversary Update」で「Pro」ユーザーが悲鳴を上げる理由
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1608/24/news06.html


上記リンクの記事は会員にならないと読めないのだが、一応ソースとしてリンクを貼っておく。


私は気付かなかったのだが、「Windows 10 Anniversary Update」ではProfessional Editionにおいて、主に企業ユーザーにとって致命的な仕様変更があったようだ。

それは、グループポリシーで「ストアアプリケーションをオフにする」に出来る事。
こうすることで有害なストアアプリを動作させないように出来た。

ところが最新のWindowz10ではこれが出来なくなっている。
セキュリティを重視する人々にとって、この変更は非常に迷惑極まりない。もしこの設定をしたければEnterprise Editionに変更しなければならないそうだ。記事では、Micro$oftがEnterpriseを売りたがっていると書かれている。


私から見れば、企業で使われるWindowzの大部分を占めるProfessional Editionが動作するパソコンに、ストアアプリをインストールさせるためにこんな変更をしたとしか思えない。
Windowz10はお勧めのアプリとやら、つまり広告が表示される。設定でこの広告をオフには出来るが、何割かのパソコンでは広告を表示させる事が可能かもしれない。そして広告が表示されたパソコンの何割かがストアアプリを購入してくれれば、多少なりとも利益になるかもしれないというわけだ。

そしてこれが、ストアアプリの普及に役立てばよいとも考えているに違いない。


Windowz10は、もはやOSではない。
OSを含んだ広告アプリである。同時に個人情報を収集するマルウエアでもあるのだから始末に負えない。

OSとはなんなのか。

Micro$oftには今一度考えて欲しいものである。


燃えないリチウムイオン二次電池 [ハードウェア]

リチウムイオン二次電池といえば、火災の危険がある電池という認識が常識だ。

だが現在、用途によってはエネルギー密度とコストのバランスにおいてこれを上回る電池が存在しないため、もはや「充電できる電池≒リチウムイオン」というくらい普及している。

が、電池の破裂や出火という事故のニュースに事欠かないのが現実である。


そして今日、こんなニュースが。


東大、爆発しない“水”によるリチウムイオン電池を実現可能に
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1017300.html


本当かよ、というのが私の第一印象。

理屈ではそうであっても、実際に電池として組み立てたら違った、ということになならないのか。

まあ安全性は東大の発表通りだとして、コスト問題も既存の物より安くなるのか。それにいくら安くて安全でも、取り出せるエネルギーが少なすぎて使い物にならないとかはないのか。
過去にこういった類のニュースをいくつも見てきて、モノになったものはそれほど多くない事を考えると鵜呑みには出来ない。

ただ、これが本当に商品として出回ったなら画期的である事は間違いない。
特に自動車用の電池には安全で安い電池が渇望されている。

なるべく早く商品化されることを望む。



未知のセキュリティホール [セキュリティ]

アップルがiPhoneの欠陥修正、人権活動家が遠隔操作の標的に
http://jp.reuters.com/article/apple-iphone-cyber-idJPKCN1102E6


この記事を要約すると

・iPhone6にWebリンクが挿入されたメッセージが送られて来た

・リンクを踏むと、3つの欠陥を利用するプログラムがインストールされる

・Appleはその3つの欠陥を知らなかった


こんな感じか。

メッセージを送信した者は、監視システムを提供するイスラエルの企業らしい。(証拠は?)
過去にもイタリアのセキュリティシステムを売る会社が、AdobeのFlashに関する未知の欠陥を利用したスパイウェアを販売していた事実が、外部からのハッキングによって発覚している。

こうした事実は、世の中にはソフトウェアの開発者に知られていない未知の欠陥を知る者が存在するという事を示している。彼らはそれで金を稼いでいるわけで、世の中のあらゆるソフトウェアの粗探しをし、欠陥が見付かればそれを外部に漏らさず金儲けに利用しているわけだ。

こんな状態であるので、ソフトウェアの欠陥を突く攻撃にソフトウェアによる防御はあまり効果が無い。効果があるのはほとんどの場合、今までに発見されている欠陥を利用した攻撃に対してのみだ。

そうなると、最後の砦はコンピュータを利用する末端の人間となる。
ただでさえ防御が難しい攻撃に対応するためには、利用者自らが能動的に知識を得て自ら対策を講じなければならない。

しかし現実にはそんな事は無理だ。不可能だ。
世の中のほとんどの人は、コンピュータセキュリティに関して受動的にでも情報を得ていればかなりマシな方なのだから。

私には「世界中ネギを背負ったカモで溢れ返っている」状態がイメージされて仕方が無い。


追記

国内ランサムウェア被害報告件数が2015年比で約7倍、過去最悪を更新
http://news.mynavi.jp/articles/2016/08/28/trendmicro/

「知っているが理解はしていない」人が多いものだから、今後こうした例は増える事はあっても減る事はないだろう。



次世代メモリ(DRAM) [ハードウェア]

次世代メモリDDR5、HBM3、LPDDR5、GDDR6の姿が徐々に見えてきた
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/1015892.html


次世代メモリについて、この記事の情報によると現在主流となりつつあるDDR4の後継であるDDR5や、主にグラフィックメモリとして利用されているGDDRやHBMの新しい規格に関する情報が公開されたようだ。


記事によると、長年DRAMの需要を引っ張ってきたデスクトップPCへの需要が減り、代わってモバイルとサーバー用途が増えてきたために、今後のDRAM開発は省電力とチップ当りの容量に重点を置くという事だ。

振り返れば過去のデスクトップPC用メモリは様々な制約の上で速度と容量が優先(もちろん最優先はコストダウンだが)され、電源や冷却に関して許容範囲の大きいデスクトップPCゆえに消費電力に関しては長年それほど問題にされてこなかった。しかしDDR2に省電力規格が制定されると、その後もモバイルデバイスの普及が進むに従いモバイル向けの省電力タイプのチップへの需要は増え、DRAMの省電力に対する要求は年々厳しくなっている。

容量に関してはもう一般の消費者向けに関して飽和している。32bit OSは4GBの制限があるし、64bitに移行したところでほとんどの場合で4GBもあれば不足は無いからだ。
しかしサーバー向けは扱うデータの量が肥大化を続けているため、メインメモリが1テラバイトでも足りないくらいで、そのためにNAND FlashをDIMMに実装した容量最優先のメインメモリまで出始めている。
DDR4ではサーバー用でモジュール1枚64GBが最大容量と思われるが、DDR5でこの2倍になったとしてもまだ足りないと言われるだろう。※これはサーバーの種類にもよります。


今回発表されたDDR5やHBM3、GDDR6などといった新しいDRAMの規格は、規格は出来上がってもモノが出回るのはずいぶん先になるようだ。

現実にDDR4は2012年に規格が出来てから2年経ってようやくサーバー向けに出回るようになり、パソコン用はそのさらに1年後だ。モバイルに至ってはLPDDR3の普及が数年前からやっと始ったばかりで、最新のLPDDR4を採用する製品は現在極少数に限られている。DDR5も同様に普及の足が遅くなる事は確実で、記事には“本格的に立ち上がるのは2020年頃”と書かれているが、実際にはさらに1~2年はずれ込むと思う。
もちろん、業界の事情で2020年から一気に切り替わる可能性を捨てる事は出来ないが。

一方でグラフィック向けのGDDRとHBMも、先行きは霞がかかった状態。
今年から普及が進むと(私が勝手に)思っていたHBMは今年5月末に出た最新のビデオカードで採用されず、現在HBMを使用しているのは昨年発売されたAMD製ハイエンド品の一部のみ(ただしNVIDIA製のHPC向け製品“Tesla P100”がHBM2を採用)。理由はまだ新しい技術(TSV)を使った製品であるため、思うように製造の歩留まりが上がらないためだ。
HBMを出荷している企業は現在韓国のSK Hynixただ1社のみであるが、他国の企業からすれば反則的条件によって製造コストが安い韓国企業だからこその力技(歩留まりが悪ければその分大量に生産すればいい)によってこそ成せる製品出荷なのだろう。
記事ではHBM3の話が出ているが、HBM2ですらまだ満足な量が製品として出せていないのに、3年後の2019~2020年にHBM3が出せるものだろうか?
私は無理だと思う。

そして低価格HBMの規格も話に上がっているが、こちらはデスクトップPC用のデバイスには載らないだろう。
見た感じSoC向けの実装に見えるので、組込み機器やスマートフォン用かもしれない。そもそもこんな中途半端な規格では、性能を優先する用途には不向きだし、低価格帯向けならばもっと安い構成でも目的が果たせる。GDDR5なども技術として枯れてきて安く生産できるため、今までDDR3が採用されてきた価格帯のビデオカードにも搭載され始めているので尚更だ。
ただし、数年後に技術として枯れてきた場合には応用範囲が広がり、デスクトップPC向けがその応用範囲に入る可能性はあると思う。

GDDR6については、HBMが出た以上必要なのか?という疑問符が付く。
しかしHBMより安いグラフィックメモリーとして、HBMが価格的に採用しがたい製品向けにGDDR5の後継として採用されるのか。私としてはもうGDDR5のままでいいと思うが。
背景にはどのような事情があるのだろう。記事には大人の事情がちょっぴり書かれているが、まあそういうもんだと思うしかない。一消費者としては安くて性能が高ければ問題ないので、いざ製品を出すという段階でゴタゴタが起きて出荷時期の遅延や製品価格高騰などということが起きないようにして欲しいものだ。



最後に。

こうした数々の次世代メモリは、データの転送速度向上に伴って色々と厳しい条件が課されるのが常だ。
一般の消費者にはまったくもって関わりの無い話だが、その制約は消費者が実際に手にする製品の中に入っている。要はデータの転送に電気信号を使っている以上、メモリーチップから配線を伝わって必要な場所に信号が送られるので、その信号が正常に伝わるかどうかと言う条件が高性能化に伴ってどんどん厳しくなっていく。

多くの場合配線の面積を減らす事、そして長さを短くする事が最良の解決方法だと思う。
しかしデスクトップPCの場合、それももうこれまでのDIMMを使っていては限界なのではないかと、素人考えではあるがそう思ってしまう。

ATXから始った現在の各種フォームファクタは、ATXの登場からすでに20年。この間多少の変化はあれど、メインメモリがCPU脇のカードエッジコネクタで接続されるという形式にまったく変化が無い。

デスクトップPCのフォームファクタには何か抜本的な改革が起きて欲しいと思う。



紙テープ [雑談]

今の時代、単に“紙テープ”といったら何を連想するだろうか?

古い映画で、船の出港時に投げられるもの?(現在でもやっているが)

それとも紙で出来た粘着テープ?

私の場合は、コンピュータの出力装置の紙テープがダントツに印象が強く、真っ先に連想する。


一番古い記憶は、テレビでウルトラマンの放送があり、“機械から吐き出されてくる穴がたくさん開いた細長い紙”をウルトラ警備隊の隊員が手のひらで受け止めながらその穴の開いた紙を凝視して、非常に緊迫感を伴うセリフ(何を言っていたかまでは覚えていない)を吐いているのが強く印象に残っている。


その後大人になって、幼少の頃からずっと忘れていた紙テープに再会する事になった。

今思えば、「あの時紙テープを手に持って何か叫んでいたあのウルトラ警備隊の隊員は、目視であの穴が開いた紙テープの情報を読んでいたのか」、と思う。相当に熟練すれば不可能でないにしろ、あれは二進数を記号化して5~8列の穴(つまり5bit~8bit)で記録したものである。

常識的に考えてそれはありえないだろうと。
その事実に初めて気付いた時は、思わずその光景を思い出しながら苦笑いしたものだ。



「インターネットください」 [OS]


Windows 10 Mobileが売れていないらしい。

Windows 10 Mobileのシェア減少が止まらない
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1608/10/news051.html


この記事によると、世界的にWindows 10 Mobileを搭載したスマートフォンのシェアが減少しているという。

例外的に日本国内では一定のシェアがあるらしいが、これは主に企業向けにWindowz10 Mobileのスマートフォンが売れているという情報があり、また格安のモデルが一部投売りされたりなど、ある意味ガラパゴス市場的な状況があるためであるようだ。


とはいえ企業向けに売れているといっても同じ企業向けに売られているAndroidやAppleの製品と比べたら圧倒的に少ない。
また売れている理由がセキュリティ面での懸念からAndroidが敬遠されているという事なので、消極的な選択としか思えず、企業向けに限っても今後Windowz10 Mobileが盛り上がっていくとはとても思えない状態だ。


私はセキュリティ面をAndroidと比較した場合、Windows 10 Mobileの方が優位であるという事は認める。信頼性や安定性の面でもサービス面も含めてWindowz10 Mobileに軍配が上がると思う。だが、市場のおよそ9割を越えるフツーの利用者にとって重要なのはそういう事ではないわけだ。

従って、Windows 10 Mobileのシェアは今後も伸びず、そのためにアプリが開発されなくなり、利用者から愛想を尽かされるという悪循環になっていくと思われる。


そもそもMicro$oftは真面目に商売する気があるのか?という疑問すら湧く現状で、こうした現象は当然に思える。

何故ならデスクトップ用のWindowz10が「OSの支配的立場を利用した傲慢さ」としか思えない設計と普及のための強引な移行キャンペーンでヒンシュクを買っている(ただし大多数の人はそういう事に無関心)し、本来まったく違う操作体系である携帯デバイスとデスクトップパソコン用OSを融合させようという暴挙をやっている上、スマートフォンやタブレットといった携帯デバイスのためのWindowz10においてWindows10 Mobileとデスクトップ用Windowz10が混在するという状況に加え、アプリケーションが相互に互換性はなく、互換性確保のために開発したUniversal Windows Appsの存在自体が希薄なため、結果どっちつかずの状況に従来からのWindowz利用者とスマートフォン利用者の双方から距離を置かれるようになってしまったのだ。

二兎を追うものは一兎も得ず。現在のMicro$oftはそのことわざ通りの状態にあるわけだ。


WindowzのOSとしての失敗は、思えばWindowz98で実装したActive Desktopから始ったように思う。

あれはインターネット上のコンテンツとデスクトップの融合を狙ったものであり、今では無かった事にされつつあるActiveXもそのためのものだったのだが、結局はMicro$oftの迷惑な独り善がりの妄想を消費者に押し付けた結果なわけだ。

このような事は現在のスマートフォンやIoTなどを取り巻く環境にも共通する問題だが、Micro$oftのWindowzの場合には一つだけ違う事がある。

それは、インターネット黎明期であった当時、インターネットを利用するためのOSはMicro$oft1社が事実上独占していたという事。Windowzが大ヒットしていたあの当時はインターネットを利用するための選択肢が実質的に他に無く、それ故に全てがMicro$oftの思い通りになっていたが、今となってはインターネットを利用するための道具はWindowzを搭載したパソコンだけではない。

つまり、競争がある故にダメなモノは早々に淘汰されてゆくものが、Windowzではそうならなかったのだ。


インターネット≒Windowzパソコンという状況から始ったMicro$oftを取り巻く状況が、WindowzというOSを歪な形に成長させたのだろうか。
それともアメリカ企業に良くある独善と傲慢による押し付けが、他の選択肢が無い状況によって仕方なく受け入れた消費者の無知と勘違いによって増幅されてしまったのか。

今でも強く印象に残る言葉「インターネットください」。
これはWindowz95を搭載したパソコンを買い求める消費者が、実際に言った言葉だ。

Windowz 10 Mobileが売れない原因の根っこには、「インターネットください」と真顔で言うような消費者の無知と、消費者の無知を利用して市場の独占を謳歌してきたMicro$oftの、双方の思い込みと勘違いが複雑に絡まっているのかもしれない。

危険すぎるWindows10 RS1 [OS]

幸い私の使用するパソコンではパーティションが消えたりWindowsが起動しないなどという致命的な問題は出ていないが、ネット上ではそのようなトラブルが報告され、一部では悲惨な目に遭った方々の悲鳴のようなコメントが見られるWindowz10 Ver10.0.14393 Red Stone。

アップデートの配信が始って2週間、どうもあまりよろしくないようだ。


Windows 10 Anniversary UpdateでPCのフリーズ問題が発生中
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1015068.html

Windows 10大型更新、一部でパーティションが認識されない不具合
http://news.mynavi.jp/news/2016/08/15/255/


これほど致命的でないにしろ、今回のアップデートは様々なトラブルがいくつもあって、正直私はもうWindowz7に戻そうか、それとも古い資産を利用するための環境としてWindowz7までのパソコンを維持しつつ、今後メインで使っていくOSをWindowz以外、例えばLinux Mint辺りに変更しようか、などど考え始めている。

もちろん完全に捨て去る事は無理なので、いつ使えなくなっても良い環境として1台だけ、Windowz10の環境も残す必要はあるが。


まあ、今後Windowzを使い続けるとなれば、これから半年に一度の大規模アップデートというイベントにいつもビクビク怯えて暮らさなければならない事に間違いはない。(加えて半月に一度のWindows updateにも。)

それにOS側に問題はなくとも、過去のハードウェア切捨てが今まで以上のペースで行われる事は確実で、それが強制となればその対策も考えなくてはならない。


セキュリティの問題も年々深刻化する一方だし、色々考えてなんとかしようとすればするほど何か賽の河原で石を積まされているような、そんな憂鬱さを感じる。


Windows10のWindows updateをなんとかしたい [OS]

Windowz10のWindows updateは、Windowz10最大の
改悪の内の一つである。

個人的にはWindowz7時代と同じ仕様に戻してもらいたいと思っているが、幸いにもProfessional版では対策が可能らしいという事で調べてみた。(残念ながらHome版では不可能。)

そして、調べた結果判明した方法は以下の通り。


 1.レジストリエディタで以下の項目を編集。

 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DriverSearching
 を開き、「SearchOrderConfig」の値を「3」に変更

 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU
 を開き、「NoAutoUpdate」の値を「1」に変更

No_WU_01.png

 2.再起動する。


以上。


なお、これをやるとWindows update自体が機能しなくなる。

そこで「Windows Update MiniTool」というツールを使って、毎月第二水曜日に配布されるアップデートパッチを自力でインストールするか、もしくはなんらかの方法でパッチ単体をダウンロードして手動でインストールする。


Windows Update MiniTool(以下WUMT)のダウンロード先はいくつも存在するが、個人的には以下のサイトが望ましいと考える。

Download Windows Update MiniTool - MajorGeeks
http://www.majorgeeks.com/files/details/windows_update_minitool.html


WUMTの使い方は簡単なので、説明は省略する。
というか、その程度の事が自力でわからない人はWindows updateに関して変更してはいけない。




Windows10でSafe modeに入れるようにする [OS]

“Windowz10 Anniversary Update”の配信が始ってもうすぐ一週間経つが、ネット上の情報を見る限りどうもこのアップデートは古いパソコンにとっては地雷であるケースが少なくない。
これは主にデバイスドライバ関係のトラブルであり、私の環境でもビデオチップのドライバがエラーを起こして動作しなくなってしまった。仕方が無いので現在は標準ドライバで様子見しているが、そろそろ本来のドライバを当ててやろうかと思っている。


そこで問題になるのが、ドライバの互換性だ。
元々がVista用のドライバなので、入れなおしても結果が同じ可能性がある。そして最悪の場合、パソコンが起動しなくなってしまう可能性も否定できない。

Windowz7であれば、そのような場合Safe modeで起動して問題を取り省くという手段があるが、Windowz8以降ではデフォルトでSafe modeが使えなくなってしまった。


というわけで、レッツ検索だ。
適当なキーワードでアヒル先生に尋ねると、この手の情報は潤沢に出回っているようでいくつかのWebページをピックアップする事が出来た。

そしてある意味それらはどれも内容的に同じだった。
当然だ、方法は極めて単純だったからだ。

ここでは情報の大元と見られるMicro$oftのサイトを紹介する。


BCDEdit /set
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/ff542202(v=vs.85).aspx


上記のアドレスに記載されている情報によると、Windowz10でSafe modeを有効に設定するには以下のようにすれば良い。


 a.管理者権限でコマンドプロンプトを起動
 b.コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行する
  
  bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

以上。


ちなみにDVDやUSBメモリのインストール メディアがある場合には、そちらから設定する方法もある。


Windows のスタートアップ設定 (セーフ モードなど)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17076/windows-8-startup-settings-safe-mode


こちらの方法はGUIを操作するので、コマンドプロンプトよりもとっつきやすい人が多いかもしれない。



ある意味ポケモンGoは犯罪行為そのものである [雑談]

現在世界各地で問題になっているポケモンGo。

ゲームそのものは無害に思えるが、ゲームを管理する会社とプレイヤーが自己中である場合に問題が起きる。そして残念な事に、少なくともゲームをプレイしている最中の人々はゲームに集中しているため、もれなく自己中になってしまっているようだ。

そしてゲームを開発・管理する立場のナイアンテック社。
彼らも自己中であり、他人の土地を許可を得ずゲームの遊び場にしてしまっている事が大問題であると私は考える。


GPSの座標は誰の物でもないので勝手に使う事は問題ないが、その座標に存在する土地や建物などはナイアンテック社の所有物ではない。にも関わらず、遊び場として設定し、プレイヤーをそこへ誘導させる事は問題ではないのか。

現状では、プレイヤーは公共の場所及び私有地において、そこにポケモンやアイテムといったモノがあればそこへ行って遊んでいるわけで、これはその座標の土地を所有する者には完全に無断で使用している。

である以上、ゲーム会社及びプレイヤーは所有権を持つ者に無断でその場所をゲームのために使用しているわけで、これはある意味犯罪だと言える。例えれば道路でスケボーをしているようなものだ。これは周囲に迷惑がかかっていなければ不問とされるが、問題となった瞬間に犯罪になる。

一方でゲーム会社に限定するが、ゲームの遊び場としてプレイヤーに提供する事で利益を得ている以上、ゲーム会社はその土地の所有者に使用料を払うべきだと思う。
例えば一般の道路であればその道路を管轄する市なり県なり国に対し払わなければならない。公園などであれば公園を管理する団体に払うべきだ。
また、私有地の場合は当然所有者に払う義務があるはずだ。


だがそれ以前に重要なのは、彼らが無断で使っているという事だ。
本来ならば使用のための契約を結ばなければならないはずだが、完全に無視されている。もちろん有効な契約が無ければ使用禁止だ。

契約も何も無いのに、そこへGPS座標を使ってポケモンなどを配置し、そこへプレイヤーを誘導する。

こんな勝手が許されても良いのか。

一部の施設では契約によってなんとかスポットなどというものが存在するが、こうした契約はモンスターなどを配置する全ての座標に存在する地権者や建物の所有者などと契約しなければならない。

少なくとも私はそう思う。



メッセージを送る