So-net無料ブログ作成
検索選択
ソフトウェア ブログトップ
前の30件 | -

自分のPCを持つ子どもは問題解決能力が高くなる? [ソフトウェア]

何事にも前提条件というものがある。

その前提条件は多くの場合あまりにも当たり前過ぎて、ほとんどの人は意識する事が出来ない。(従って前提条件を無視した行動に走りがちになる)


というわけで本題に入るが、今日見つけた記事にこんなものがあった。


“自分のPCを持つ子どもは問題解決能力が高くなる”
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1049256.html


まあ、確かにそうかもしれない、と私は思ったが、同時に必ずしもそうとは限らないとも思った。

理由は先に挙げた前提条件だ。

“自前のパソコンを持つ事で問題解決能力が高くなる”には、どのような前提があるのか。

それは、「自己の能力を高める道具としての使い方をした場合」、である。
もちろんこの条件は無意識にやっている場合も含む、というか人間は当たり前に自己を高めるための行動を無意識に行う動物なので、誰でも例外なく経験している事を、パソコンでもやるかやらないかというだけの違いだ。

パソコンという機械自体、そこにあるだけで人間の役に立つという事はない。人間がパソコンを道具として使う事で初めて人間の役に立つわけで、それは使い方次第、使う人間次第なのである。

従って元々“問題解決から逃げたがる者”にパソコンを与えた所で、問題解決能力が高くなる事などあり得ない。
ただし極めて少数の者は例外的に問題解決能力が上がる可能性を否定はしないが、それはあくまで例外中の例外である。


また、記事内では「教育機関のプログラミング教育を支援するといった活動も行なっており」とあるが、主催が“ウインドウズ デジタルライフ コンソーシアム(WDLC)”という事もあり、そういった活動はMicro$oftがWindowzを売るための一環から脱するものではない、単なる宣伝行為に近いものだと思う。

要はWindowzという首輪を付けたブタを飼育するための活動であるという事だ。(ブタになってしまうかどうかは本人次第だが。)

結局のところ彼らの言う“自分のPCを持つ子どもは問題解決能力が高くなる”とは、先日大阪のなんとか小學院の話でも問題になった、「某有名進学校に入れる」という言葉で入学希望者を釣ったアレと同じなのである。



AI≒人間=AI??? [ソフトウェア]


Windowz2000が登場したとほぼ同時に始った、Windowzの情報サイト「Windows Server INSIDER(初登場時はWindows 2000 Insider)」というものがあるのだが、ここに連載されている4コママンガ「がんばれ!アドミン君」が面白くて時々チェックしている。

ところで今日は「がんばれ! エーアイくん」というタイトルの作品を読んだのだが、マンガに登場する「 エーアイくん」は“AI”というよりも“人間”そのものに見えて仕方が無い。

もしかするとこのマンガ、現在のAIブームを風刺しているわけではなく、ある意味“AIみたい”な現代人達を暗に揶揄しているのかもしれない。


第530話 がんばれ! エーアイくん
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/06/news009.html

英語論文を翻訳してくれと言われ…


第531話 がんばれ! エーアイくん2
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/13/news015.html

模試をさせたらほとんどの大学で「A判定」だったが…


第532話 がんばれ! エーアイくん3
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/20/news021.html

…………


第533話 がんばれ!エーアイくん4
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/27/news026.html

…居眠り。


どの作品のエーアイくんも、身近で見た事がある人間(或いは過去の自分自身)そのものだ。

まあ、気をつけないと「エーアイくん」みたいになるよ、という事で。



以下、他にも面白いと思った作品。


第510話 進むも……、退くも……
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1606/14/news020.html

第515話 熟慮の理由
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1607/26/news016.html

第525話 VR元年
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1611/01/news026.html

第527話 ネットバンキング
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1611/15/news024.html


510話と515話は私自身の経験と重なるし、525話は未来がそうなる可能性、527話は便利になったはずがかえって不便になっている現実を良く表している。



ThunderbirdでOutlookメールが突然受信出来なくなった場合の対処 [ソフトウェア]

最近Outlookメールが突然受信出来なくなったという報告が多いようだ。

私も同様に受信できず、Thunderbirdからパスワードの入力を求められるようになっていた。


このような事は以前にもあったので、またセキュリティチャレンジかと思い「最近のアクティビティ」を確認すると、やはりセキュリティチャレンジが発生していたのでこれに対処した。


方法は以下の通り。


1.ブラウザでOutolook メールにログインする

2.最近のアクティビティページにアクセスする

  最近のアクティビティ ページ
  https://www.microsoft.com/ja-jp/msaccount/security/recentactivity.aspx

3.最近のアクティビティで「セキュリティチャレンジ」となっている項目を確認する
  ※注:下のスクリーンショットでは国内からのアクセスになっているが、イギリスや中国の場合もある。

4.「自分ではありません」となっているリンクをクリックする

hmxxx1.png

5.以下のようなメッセージが出るので、指示に従ってパスワードを再設定する

hmxxx2.png

6.Thunderbirdでメールの受信が出来るようになっていれば成功


以上。


というわけで、自力で対処出来なくて困っている方は参考にして欲しい。

ただしこれは私のケースで有効だったが、他の人の場合でも有効かどうかの保証は出来ない。

Outlookメール側の設定が勝手に変更されている場合があるので、該当する方はこちらを参考に。

Outlookメール(Hotmail)をThunderbirdでPOP受信する
http://17inch.blog.so-net.ne.jp/2016-03-04


2016/11/27 追記

最も確実な解決方法として以下を提案する。

Hotmail(Outlookメール)の使用をあきらめる
http://17inch.blog.so-net.ne.jp/2016-11-27





こうなる事を知っていて責任回避か [ソフトウェア]

日本国内でもサービスが開始されたポケモンGo。

私を含め多くの人が懸念していた通り、日本でも事故や事件の原因になっている。

私は先日ゲーム製作会社にも責任があるはず、とブログに書いた。
しかし、開発元のナイアンティック社は恐らく何が起きるのか調査・検討したうえで、責任回避のための規約を作成、ゲームをプレイするには規約を承諾する必要があるため、プレイヤーは同社の責任回避に同意した事になっているために、このゲームに関わる訴訟を起こしにくくなっている。

「ポケモンGO」利用規約に仕組まれた"ワナ"用意周到に「責任回避」が準備されている!
http://toyokeizai.net/articles/-/128679

要するに何が起きても全責任はプレイヤーにあると誓約させられているわけだ。

もちろんゲームを楽しむためには、周囲に気を配って他人の迷惑にならないようにする責任はプレイヤー本人にある。

しかし、実際プレイ中にそんな事を気にする事が可能だろうか?

もし可能ならば、事故など起きないはず。

実際気を配れている人は起こしていないだろうと思われるが、必ず一定のバカが存在するため、このような社会問題になっているのだ。


私が思うに、過去に同様のゲームが出てこなかった理由はそこにあると思う。

現実社会に与える影響を考えれば、ポケモンGoのような危険なゲームを開発など出来ないからだ。

しかしナイアンティック社はそれをやった。
責任回避のための、用意周到な規約まで用意して。


私は「ポケモンGoそのものには罪は無い」と考える。

しかし、現実にこのゲームが原因の不幸が多数起きている。
ある人は「今までもスマートフォンそのものが原因の事故や事件が起きているのに何を言うか」という意見を言っていたが、それとこれは別問題である。

何より今までスマートフォンの使い方に気をつけていた人までもが、ゲームに夢中になるあまりそれまでやっていなかった歩きスマホや自動車の運転中にスマートフォンを凝視するなどをやるわけだ。

そのうえ分母の数が多い分、バカをやる人数も増える。
今までスマートフォンを持っていなかった人が、このゲームのために買い求めているというニュースもある。
問題の本質は危険度の高さだ。 拘束時間も普通にSNSなどでメッセージをやりとりするよりもずっと長いはず。 それまで屋外ではたまにしかスマートフォンに触らなかった人までもが夢中になっている。

そうなる事をナイアンティック社は知っていて、ゲームが原因で事故や事件が起きる事を承知していた。

ゲーム製作会社及びプレイヤー自身による自制が期待出来ない以上、これはもう法律で縛るしかないと思う。






F35のソフトウェアがバグだらけという記事を読んで [ソフトウェア]

アメリカ軍が開発する戦闘機「F-35」の制御プログラムはバグだらけで改修に多くの費用と時間がかかる見込み
http://gigazine.net/news/20160504-f35-buggy-software/

少々古い記事だが、この記事で私が注目するのは「コンピュータソフトウェアとバグは切り離せない」という現実だ。


昨今のコンピュータ事情は大規模化・複雑化が進んでいる。
もちろんこうした現状をなんとかしようと単純化も進められているが、現実は焼け石に水状態だ。


私の過去の経験から言わせてもらえば、コンピュータプログラムのバグは設計段階から存在し、実際にコードを書き始めると人的ミスで増殖し、膨大なコードの全てを把握できる人間は皆無であり、バグ取りのためのツールを駆使したとしても完全にバグを消し去る事はいまや不可能な作業となっている。

現在のソフトウェア開発はバグがあってもとりあえず仕様を満たす動作さえすればOK、という基準で出荷される。しかもそのOKは恣意的に操作され、実際には基準を満たさないケースが後を絶たない。

GIGAZINEの記事になっているF35の件ももれなくそのケースの一つであり、IoTという言葉が走り回る現在、想像される未来はこのF35の現状となんら変わりが無い事が現実であると認識すべきだ。


つまりコンピュータプログラムには、デザイン上・設計上・プログラミング上・運用上・他色々の「バグ」が必ず存在し、これらがあらゆる人間の“想定外のトラブル”を起こし、場合によっては取り返しの付かない災害に結びつく可能性が大きい。

そしてこの問題はシステムの規模が大きくなると指数関数的に増えていく。
同時に対処も難しくなっていく。もちろんコンピュータの操作を廃したバックアップシステムがあれば、問題をある程度回避する事は可能だが、そういう手段を取れるものは限られる。

特にF35のような兵器であれば、予算の上限は民間のそれをはるかに上回り、テストに費やすリソースもずっと多く、しかもダメとなれば潔く中止にも出来る。

だが、IoTの場合はどうだろう?
限られた開発費と少ない開発リソースで製品を開発そなければならず、バグ取りすら満足に出来ないケースがどれだけある事か。
その結果少しでも開発費を回収するため、或いはつまらない自尊心のために、結果がどうなるかわからなくても“理解したと妄想に浸る”事で暴走に等しい見切り発車をするだろうし、ITバブルの前後に代表される過去にもそういう例は枚挙に暇が無い。

しかも問題は作る側だけに留まらないのがこの問題をより複雑化させている。
要は使う側が理解できないまま、なんとなく使うのでそれが原因でトラブルが発生する事も増えるからだ。


コンピュータデバイスがありとあらゆる場所で使われ始めている現在、様々な理由でそれらが分断されている事は幸運かもしれない。
もしこれらが統一された時、それは人類にとって終末の始まりになるのかもしれない。


PWGen 2.8 日本語ファイル [ソフトウェア]

気付いたらPWGenがバージョンアップしていたので、言語ファイルの更新を行った。

需要などほとんど無いと思うが欲しい人はどうぞ。

pwg280_jp.png

PWGen 2.8 日本語ファイル
http://www1.axfc.net/u/3680242.zip


PWGenを初めて知ったという人が居たらこちら。


PWGen
http://pwgen-win.sourceforge.net/

パスワードを自動で作ってくれるので便利。

Outlookメール(Hotmail)をThunderbirdでPOP受信する [ソフトウェア]

昨日ThunderbirdOutlookメールのアカウントを受信しようとしたら、何故か受信できなくなっていた。
そして今日、受信出来なくなった理由を調べると、接続履歴に「セキュリティチャレンジ」という項目があって、イギリスからログインしようとしていた痕跡があった。このような場合、Outlookメールでは一時的にメールソフトなどからのアクセスを制限する仕組みになっているようだった。

そこで所定の手続きを経て受信できるようにしたのだが、このアカウントはIMAPで受信しているのがストレスになっていた。
IMAPだとThunderbirdで何かするたびにメールサーバー内のフォルダにアクセスする。このため、メールの削除一つするだけでサーバーからの応答を待たなければいけないので、その間他の事をしようものなら正常に終わらないなどとメッセージが出て中断されてしまうからだ。
回線が混み合っている場合などは1分以上待たされる事もあり、この現象にはかなりのストレスを感じていた。


そこで、ついでに以前使っていたPOP3で受信する設定に戻そうと決心。
Thunderbirdのメールをバックアップしてからアカウントを削除(受信設定のみIMAPからPOPに変更出来ないのだ)し、POP受信の設定でアカウントを作り直した。

ところが、設定を終えてメールの受信を試みると

ユーザ xxxxxx@xxxxxx.co.jp のパスワードを送信できませんでした。(以下略)

というメッセージが出て受信出来ない。
設定を間違ったのかと色々調べたがミスは無い。原因不明である。


仕方ないのでThunderbird側の設定は正しいと仮定し、別の原因を考えてみた。
そこで思い出したのがGmailを使う時の設定だ。

GmailをThunderbirdで利用する場合、Gmail側の設定をブラウザでログインして変更した。この設定変更はブラウザ以外のソフトウェアや、モバイルデバイスなどでGmailを利用する場合の許可に関するものだった。

過去にいくつものHotmailアカウント(昔OutlookメールはHotmailという名前だった)をThunderbirdで使えるように設定してきたが、今まではそのような「許可」は不要だった。しかし、今は必要になったのかもしれない。そう思って再度Outlookメールにログインし、設定を探すと、あった!

多くの設定項目の中「POPとIMAP」とだけ表示された項目があり、そこをクリックすると表示される画面に「デバイスやアプリでPOPを使用する」という項目がうずもれていた。この項目が必ずあると確信していなければ、きっと見付ける事が出来なかったと思うほどわかりにくい場所だ。

この項目を「はい」に設定すると、ThunderbirdでPOP受信が出来るようになった。

ちなみに他のアカウントが設定されているThunderbirdでは最初からPOP3のまま5年以上使い続けているが、今まで受信出来なくなった事は無い。仕様変更する以前のアカウントで過去POP受信があったものは最初から「はい」になっていたのだろうか。


というわけで、自ら「無知なおばかさん」を証明する出来事であったが、なんとか問題を解決する事が出来た。
恐らく「この程度は常識」という方も少なくはないだろう。しかし、多くの人は私のように「知らないのが常識」なので、私のように困った人も居ると思う。


最後に、今回行った手順をまとめておく。


OutlookメールをThunderbirdでPOP受信する場合の手順 2016年3月版

1.ブラウザでOutlookメールのアカウントにログインし、右上の歯車アイコンからオプション
  を開き、「メール」→「アカウント」内にある「POPとIMAP」の内「POPオプション」の
  「デバイスやアプリでPOPを使用する」を「はい」にしておく。
  設定が終わったら上にある「保存」をクリックする事を忘れないこと。

Hot_pop.png

2.Thunderbirdで新しくアカウントを作成する。

3.アカウントの作成で自動的にサーバーの設定を読み込むが、その設定はキャンセルして以下の
  設定を手動で行う。
  
  POP3
  サーバ名:pop3.live.com
  ポート :995
  ユーザ名:メールアドレス
  認証方式:通常のパスワード認証
  接続の保護:SSL/TSL

  SMTP
  サーバ名:smtp.live.com
  ポート :587
  ユーザ名:メールアドレス
  認証方式:通常のパスワード認証
  接続の保護:STARTTLS


終わり。


2016/11/23追記

ThunderbirdでOutlookメールを受信しようとすると、今まで問題なく受信できていたのが突然パスワードを要求されるようになった方で、自力で対処できなくて困っている方はこちらを参考にしてみてください。

ThunderbirdでOutlookメールが突然受信出来なくなった場合の対処
http://17inch.blog.so-net.ne.jp/2016-11-23



Windows10のEdgeはダメ [ソフトウェア]

Microsoft Edge、InPrivateモードで閲覧したWebサイトの情報を保存していた
http://it.srad.jp/story/16/01/30/2044207/

Windowz10の重要な新要素の一つであるEdgeというブラウザには、Firefoxなどでも実装されている「プライベートブラウジング機能」が存在する。「プライベートブラウジング機能」とは閲覧履歴などを残さずに秘密のWeb閲覧を可能にするものだが、Edgeにおいてはその機能が事実上働いていないということだ。

こうした履歴は他人に覗かれると趣味趣向や個人情報などの漏洩に繋がるため、「プライベートブラウジング機能」によってこうしたWeb上の行動履歴を残さないようにする必要がある人もいるだろう。しかしEdgeの場合ほとんどの履歴が残っているそうだ。


この問題は意図的なのか、それとも何かの手違いでこうなったのかはわからない。
しかし現に「プライベートブラウジング機能」を利用しても履歴は残っているので、まるで意味が無い状態だ。


この事を指摘されたMicro$oftは修正をする意向を示しているようだが、Micro$oftのこと、過去の例にあるようにいつまでも放置する可能性は十分にある。

またこの事とはあまり関係が無いが、Edgeは使い勝手が悪いのでWindowz10に移行したユーザーから敬遠されつつあるようだ。

シェアを減らし続けるMicrosoft Edge
http://it.srad.jp/story/15/12/22/0226223/


つい先頃にInternet Explorerの終息宣言が出たばかりだが、肝心のEdgeがこのような状態では、Micro$oftのEdge売り込み計画(ひいてはWindowz10の布教)はイバラの道であるようだ。

BIOS(UEFI)というものについて頭を整理 [ソフトウェア]

パソコンを自分で部品を買ってきて組み立てる人にとって、“BIOS”という言葉は一般的だ。
この“BIOS”とは“Basic Input/Output Syastem”といい、コンピュータに電源を入れた時最初に実行するプログラムであり、パソコンの基板に搭載された128kbyte~1Mbyte程度のNOR Flash ROMに書き込まれている。だから、OSの入ったハードディスクやフロッピーディスクなどがコンピュータに接続されていなくても、コンピュータはBIOSに組み込まれたプログラムの機能の範囲で動作する。


ここでBIOSの基本的な機能を並べてみる。

1.ハードウエアのチェック及び初期化
2.各種インタフェースとの通信
3.イニシャルブートローダの実行

1の「ハードウエアのチェック及び初期化」は、文字通りの機能であり、CPUやメインメモリーを始め、これら以外にコンピュータに接続されるあらゆるハードウエアが正常かどうかチェックし、初期化していく。この段階でなんらかのエラーが検出された場合、エラーコードを吐き出してコンピュータを停止させる。

2の「各種インタフェースとの通信」は“Basic Input/Output Syastem”という名の通り、CPUに繋がるあらゆるインターフェイスと基本的なデータ通信をするための機能である。この機能は限定的ながらもハードウエアを使用するために必要十分なコマンドを扱えるため、OS側からBIOSの機能を呼び出して利用するという事も可能である。例えばWindowsなども各種デバイスドライバを読み込む前はBIOSの機能を使ってハードディスクからデータを読み出し、ディスプレイの表示を可能としている。(だからWindows起動画面は解像度が粗かったり使用できる色数が制限される時代があった)

3の「イニシャルブートローダの実行」は、Master Boot Record(以下MBR)に書き込まれたイニシャルブートローダを実行する機能で、この機能が無ければOSを読み込んで実行する事は出来ない。MBRとはディスクの先頭から512バイトの事で、ここに各種OSのイニシャルブートローダが書き込まれ、イニシャルブートローダによってOSが起動する事になる。


BIOSについて、これら以外の機能は基本的にオプション扱いである。
例えばPC/AT互換機でおなじみの“BIOS画面”。これはハードウエアの各種設定を可能にするユーザーインターフェイスだが、BIOSが登場した当初は存在しなかった。当時はハード的な“ディップスイッチ”による設定変更のみしかなかったのだ。
他にもオンボードで搭載するグラフィック、サウンド、USB、IDEやSATA等を制御するためのプログラムもオプション扱いであり、オンボードで搭載される各チップごと別途に組まれたプログラムをBIOSから呼び出して動作させている。
これは初期にBIOSを搭載したIBM PCが、CPUとその周辺のシステムバス以外のほとんどを拡張機能として提供していた名残である。(マザーボードには8ビット幅のISAスロットとキーボード用のコネクタしか存在せず、キーボード以外のデバイスは全てISAカードによる拡張で行われた)


さて、ここでUEFIの登場だ。
UEFIは“Unified Extensible Firmware Interface”の略で、BIOSの持つ基本機能(ハードウエアのチェックや初期化など)を核にさらなる拡張を目指して設計された“BIOSのようなもの”である。基本的な部分で実際やっている事はBIOSと大差ないが、拡張された部分に関しては従来のBIOSでは不可能な機能も多い。

そもそもUEFIはBIOSの拡張が限界に達した事で必要とされ生まれた規格である。
当初は“EFI”といい、IntelのItaniumというCPUを使ったシステムで必要とされ、IntelとHewlett Packardにより作られた。その後EFIを普及させるために標準規格として策定され“UEFI”となり、一般消費者向けのパソコンにも採用されるようになった。現在はx86系システムのほとんどがUEFIを使用していて、AppleのMachintoshシリーズもPower PCからx86に切り替わった時から採用する。

また、ARM系のシステムでも採用が進んでいて、Linux系カーネルがベースになっているAndroidも一部機種ではUEFIからブートローダを呼び出している。(これら以外のAndroid端末は、BIOSと同等機能のプログラムを含むブートローダーと呼ばれるファームウエアがNOR Flash ROMに書き込まれていると思われる)


しかし現在、UEFIに関するセキュリティ問題が出始めている。

BIOSには無かった柔軟性を持つUEFIは、コンピュータを動作させるために必要な最低限の機能以外にも様々なプログラムをUEFIの一部として提供できる仕様となっている。例えばプログラムサイズがNOR Flash ROMに収まるサイズであればゲームだって遊べる。そのためにUEFIを格納するNOR Flash ROMには大容量のROMが用いられ、大きなサイズのプログラムであっても余裕をもって格納できるようになっている。従って、ウイルスなども高機能なものを感染させる事が出来るのだ。
例えば、これはウイルスではないとされるがこんな例もある。

LenovoのPCにはBIOSレベルでWindowsのシステムファイルを上書きする
http://gigazine.net/news/20150813-lenovo-service-engine/

これはThinkpad以外の、いくつかの機種で採用されている「Lenovo Service Engine」というもので、UEFIに組み込まれ、Windowsのシステムファイルを書き換える機能を持つ。書き換えられたWindowsはパソコンの持つ固有情報や日時、地域情報などをサーバーに送信するという。

また、Windows8とWindows10にはOSからUEFIに実行ファイルを埋め込める機能が存在し、この機能によって例えばOSをクリーンインストールした場合でもUEFIからOEMプログラムのインストーラを呼び出してメーカーのサーバーからプリインストールソフトを自動的にダウンロード・インストールさせる、というような事も可能。

この機能を悪用すればパソコン内の情報を盗んだりウイルスを感染させたりやりたい放題出来るというわけだ。

・・・話が脱線した。

ともかくこのように、UEFIとは“非常に高機能なBIOS”という認識でかまわないと思う。

そして最後に、BIOSもUEFIも名称こそ違うが、要は“ファームウエア”であり、今の所は一部例外を省けば基本的にWindowsが動作するシステムだけで通用する言葉であり、これら以外で同等な機能を持つプログラムは単にファームウエアとかシステムROMとかブートローダーとか呼ばれているようである。

Widows update でKB3035583が勝手に復活 [ソフトウェア]

今日のWidows update は要注意だ。

何故なら、「非表示設定しているKB3035583」が復活するからだ。

非表示設定しているという事は、利用者になんらかの理由があってそうしているのであって、M$側が勝手に非表示を解除して良いわけではない。にも拘らず復活させるとはけしからん。


kb3035583xxx.png

Micro$oftはそんなにWindowz 10を使って欲しいのか。
だが余計なお世話というものだ。


10/20追記
この問題に関連する詳しい情報はこちら

Windows7で消すべき更新プログラムなど
http://17inch.blog.so-net.ne.jp/2015-10-18


7/16追記
この記事のアクセスが多いので、一応消し方の案内。

Windows 10の広告を削除
http://17inch.blog.so-net.ne.jp/2015-04-08



右下に変なアイコンが・・・Windows 10 の宣伝か! [ソフトウェア]

Windows 10の発売は7月29日らしい。
あと2ヶ月ほどなのか。

そして今日、私の2nd PCのタスクトレイに、こんなアイコンが出てきた。

W10CM.png

クリックするとWindows 10についての宣伝と思われる様々な情報と、予約するための項目が出てくる。

ワナとしか思えない。
もし何も知らない人が安易に予約して、アップグレードしたらPCが動きませんとなったらどうするのだろう。
PCのコンディションは人によって様々で、同じメーカーの同じ型番の同じモデルであっても、インストール後にどうなるのか結果が変わって来る事もある。

ブルースクリーンデスクトップ画面すら出ないトラブルに見舞われた場合、元の環境に戻す術はあるのか。
或いはWindows 10との互換が取れないアプリケーションが出た場合、それが仕事で使っているPCだったら業務に差し支える。IT管理業者と契約を結んでいたり、専任の管理者が居る企業ならともかく、大部分の中小零細企業はそんな金のかかる事はしていないだろう。だとすれば、これはちょっとしたパニックの原因にもなり得る。


しかしこの広告は先日の「KB3035583」ではないのか?
私は仕事場と自宅にある全てのPCについて、「KB3035583」を削除後リストに出ないよう非表示設定したはずなんだが。
今日このメッセージが出ている事を確認したのは自宅の2nd PCのみなので、やったつもりが出来ていなかったという事か。


まあなんにせよ余計な事をしてくれるものだ。
とりあえずは無視しておこう。


Windows 10 の種類 [ソフトウェア]

現在Windows系のOSは、PC&サーバー用、スマートフォン用(Windows Phone)、組込み向け用(Embedded)と大雑把に3種類展開されている。これはWindows 10でも変わらないようだ。

これらはWindows 10の場合このような名称になる。

「Windows 10」「Windows 10 Mobile」「Windows 10 IoT」


通常のWindows 10はデスクトップやノートなどのPC用、或いはサーバー用で共通のx86又はx64のカーネルを持っていて、“一応”、過去のWindows用ソフトウェア資産と互換性を保つ。
そしてここが今までのWindowsと違うのだが、通常のWindows 10はさらにWindows 10 Mobileと共通の「Windows 10 API set」を持ち、“ユニバーサルアプリ”を動作させる事が出来るようになっている。

要するにWindows 10ではスマートフォン用のアプリも動く(ただし全てではないと思われる)。
またこのOSはAtom系CPUを使った一部のタブレットやスマートフォンにも搭載される可能性が高い。


次のWindows 10 MobileはARM系CPU用に書かれたNTカーネルを持ち、ユニバーサルアプリのみ対応する事が特徴だ。従って昔からあるWindows用のx86やx64用のコードで書かれたソフトウェアを動作させる事は出来ない。
基本的にスマートフォン用なので、同じWindowsを冠するOSであってもまったく別と思った方が理解しやすいかもしれない。元々がWindows CEなので知っている人は「ああ、CEか」とでも思えば良いし、知らない人は今現在流通しているWindows Phone8.1やWindows RTと同じと思えばよい。

見かけ上、通常のWindows 10との共通点は、見た目とユニバーサルアプリのみである。
またAndroidやiOS用のアプリも動くようになる模様。


最後のWindows 10 IoTは、ATM端末やレジ端末等で使われている事で知られるWindows Embeddedの後継になる。
名称がEmbeddedからIoTに変化した事には意味があり、IoTという単語が示す通り、今後はあらゆる情報端末機能を持った機器全てにWindowsを展開していくという事だと思われる。今の所は冷蔵庫や炊飯器のシステムにまでは食い込めそうもないが、いつかはそうなる時が来るのだろう。

ちなみに先日「Raspberry Pi 2がWindows 10を無料で使える」というニュースが話題になったが、このRaspberry Pi 2に提供されるものがWindows 10 IoTらしい。従来のEmbeddedはx86系のWindowsがベースとなっているが、ARM系CPU用のIoTはWindows Phoneベースになるのだろうか。

Win10x3.png


というわけで。
Windows 10は全てのプラットフォームで名称がWindows 10に統一される。

しかし、相変わらずx86系PC用のソフトウェアはスマートフォンで使えない(一部機種省く)、という事は肝に銘じておこう。



人工知能は核兵器よりも潜在的に危険 [ソフトウェア]

人工知能は核兵器よりも潜在的に危険
http://gigazine.net/news/20150529-ai-will-overtake-humans/

いつものようにGIGAZINEからのネタだが、そもそもこの問題はかなり昔からある問題。
最も初期の話としては、アシモフのロボット三原則だろうか。

要するに自ら考え行動する機械は、重大な事故を引き起こす可能性が非常に高いという事だ。


そもそも今現在でさえ、プログラムのバグで各種ロボット(見た目は関係無い)が事故を起こしまくっている。
完璧なプログラミングが事実上不可能である以上、万が一の事態に対処する術はつねに研究すべきである、という事だ。


今現在、人工知能の開発やその応用を考えている人達は、『金』のためにこの事実を知っていながら無視を決め込み、明るい未来(そんなものあるはずがない)を雄弁に語ることで開発資金と自分自身の懐を暖める金を無心し続けている。
そして自分自身は安全な所で金を稼ぎつつ、人工知能に翻弄される愚民を眺めて悦に入るつもりなのだろう。

便利といえば聞こえはいいが、そういうものには利用者が得たものと等しい対価の支払いが必然である。
その対価がなんであるのか、我々愚民はよくよく考えなければならないと思う。

Windows 10はAndroidとiOSのアプリが走る [ソフトウェア]

ここ1~2週間くらいの間にWindows 10 のニュースが色々出ていて、読んでこう思った。

また色々面倒になりそうだ。

理由は色々あるが、最も面倒だと思ったのは「AndroidとiOSのアプリが走る」という事。
これは一見すると未来の薔薇色なイメージが浮かんで来そうだが。
私にはどうも悪い予感しかイメージ出来ない。

そう思う根拠の一つは、ただでさえOSとして肥大化しすぎなWindowsにこんな機能を載せて破綻せずうまくいくのかという事。

ユニバーサルWindowsプラットフォーム(UWP)と呼ばれるこのシステム、中身は一体どういうものだろうか。
記事によるとアプリのパッケージにちょっとした細工をするだけでWindowsでネイティブに動作するらしいが、その仕組みが私にはイメージ出来ない。この辺りは素人の限界なのだが、今までのWindowsの歴史を直に経験して来た身としては警戒感しか湧かないのである。

それからデスクトップアプリとストアアプリの大きな違いとして、デスクトップアプリはフルスクリーンとウインドウ双方で利用でき、同時に複数のウインドウを開いて作業が出来るが、ストアアプリはフルスクリーンでの動作しか出来ない。ブラウザで出したWebの資料を読みながらワードで文書を編集というような事が出来ないわけだ。
その対策かどうかはわからないが、「Continuum」という機能を使うとストアアプリでもシームレスにデスクトップアプリのような画面に切り替えて使えるようになるらしい。これもUWPに準処する事で可能な機能という事だ。

この「Continuum」に関しては素直に歓迎できる。
画面の大きさや解像度などに合わせて、レイアウトや文字の大きさが破綻しないように自動で合わせてくれるからだ。例えば4Kモニターで昔ながらの96dpiでデザインされたアプリを使うと、ウインドウの大きさや文字のサイズがドットバイドットで表示されるので小さくて使い物にならない。しかし「Continuum」に対応したアプリならば、低解像度の携帯デバイスでもデスクトップ用の超高解像度モニタでも最適化されて表示するので、高解像度モニタでの使い勝手が向上する。


というわけで、Windows 10以降のUWP対応アプリが今後どうなるのか、非常に興味がある。
もしUWPアプリが主流になり、旧来のデスクトップアプリが消え去る運命となった場合、それは過去の資産との決別を意識しなければならない可能性があるという事だ。私は今でも10年以上前のソフトウエアを必要としているが、もしWindowsが過去のデスクトップアプリのサポートを打ち切った場合、これらを代替できるものを探さなければならない。

正直AndroidやiOSのアプリにはまったく興味が無い。これらがWindowsで動作したとしても、それでメリットがあるのはほとんどがWindows 10をOSとしたスマートフォンやタブレットを利用する人だけだと思う。
私は携帯電話には通話機能と電話帳の機能だけあれば良いので、Micro$oftの都合で搭載されたこれらの機能はまったくの不要とすら考えている。


今更のXpでKB2686509のインストールに失敗 [ソフトウェア]

まあ、ワケあって今でもXpのPCをいじる機会があるわけで。

3年ぶりくらいに起動した私のThinkpad X24。
CMOSの電池を新品にしたりして起動してみると、しばらくしてWindows updateのアイコンがタスクトレイに出てくる。最後に起動してからサポートが切れる去年4月までのアップデートがあるってことだ。

そしてアップデートをするのだが、どうしても一つだけ失敗するアップデートが。
そう、KB2686509だ。
グーグル先生にお尋ねすると、このKB2686509が失敗する理由はキーボードレイアウトがどうとか。
曰く、レイアウトをいじっていると失敗するとか。
曰く、レジストリには存在するが、実体ファイルが存在しない場合に失敗するとか。

前者はレジストリを調べても、問題となるキーが存在しなかった。レイアウトをいじった覚えもないし当然だ。
後者はよくわからなかった。
解決方法は足りないキーボードMAP?のファイルをCABから取り出してc:\Windows\system32に置くとかなんとかあったが、使わないモノをわざわざ面倒なコトして補うとかやってられない。


そこでちょっと考えたら、ファイルを補うよりレジストリ消す方が簡単じゃないかという事に気付いた。

やり方は簡単だ。
まずレジストリエディタで以下を出す。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layouts

そしてこの中から、c:\Windows\system32 にファイルが存在しないものを片っ端から消す。
私の場合5~6個消した。
その後改めてKB2686509をインストールすると、無事終了。
kbd_err.png

それにしても何故、使うはずも無い米国右手用とか左手用とか、英国や中国のキーボードレイアウトがレジストリに入っているのか。もしこれらを使うのならキーボードを交換するか、USBかなんかでそのレイアウトのキーボードを接続する必要がある。そんなのはキーボードが接続された時にドライバーをインストールするから、その時にレジストリに書き込めばいいのだ。

まったく余計な手間をかけさせる。
接続した事もないキーボードレイアウトがレジストリに登録されている事も問題だが、それまでなんの問題も無かった事にいちいちチェックを入れてくる更新ファイルのやり方も気に入らない。それとも、そんな所までセキュリティーに関する問題が出るのだろうか?
私には想像できないのだが。

まあとにかく、レジストリの不要な情報を消すコトでなんとかなった。
おしまい。


Windows 10の広告を削除 [ソフトウェア]

Micro$oftが先日、Windows updateを通じて配布した「KB3035583」というアップデート
これがWindows 10の広告を表示するためのモノという事を知った私は、私が管理する全てのPCから削除した。


削除する方法は以下の通り。

1.コントロールパネルからプログラムのアンインストールを開く
2.「インストールされた更新プログラム」をクリック
3.「KB3035583」を検索してアンインストール

6/12追記
これをやった後、Windows updateで「KB3035583」を非表示設定にしないとまたインストールされてしまうので、スタートメニューからWindows updateを起動して「設定の変更」で「更新プログラムを確認するが、ダンロードとインストールを行うかは選択する」とし、Windows updateで「KB3035583」が検出されたら右クリックから「更新プログラムの非表示」を選んで「OK」をクリックする事。

以上。


この「KB3035583」の詳細については以下の場所を参照。


更新により、Windows の 8.1 および Windows 7 SP1 で Windows の更新の通知の追加機能
http://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3035583

MicrosoftがWindowsの更新プログラムに次期OSの広告を仕込んでいたことが判明
http://gigazine.net/news/20150407-windows-update-trap/



いつもの事だが、Micro$oftはまったくロクな事をしない。
もし業務で使用するPCで、無知なユーザーが何も考えずにWindows 10にアップデートしてしまったらどうするのか。
Windows 10に対応出来ないソフトウエアが正常動作しなくなったら、その復旧に多大な労力が発生する。

そういえば「Windowsをオープンソース化する可能性がある」という話があるようだが、やるなら早くやって欲しい。Windowsはもはや世界の標準OSとして支配的な地位を占める。ならばオープンソース化すべきだ。
Micro$oftのWindows独占による独善的なアップデートでユーザーが翻弄され続ける現状は、そろそろ終わりにするべきだ。

Firefox 37とμBlock 0.9.3.0 [ソフトウェア]

先日アップデートしたFirefox 37だが、何故か私のFirefoxは最新版として36.0.4のままアップデートしてくれない。

そこで仕方なくmojillaのFTPサーバからインストーラダウンロードして手動でアップデート。

https://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/

より「Firefox Setup 37.0.exe」を探し、ダウンロードして実行。
こうする事でインストーラが新規インストールではなく更新してくれる。

今回のアップデートはいくつかの脆弱性が修正されているとの事で、アップデートしないのが気になって仕方なかったからこれで安心出来る。


次はμBlockだが、公式サイトへ行ったら0.9.3.0が出ていたのでコイツもアップデート。

ただ今回μBlockの公式サイトを見て気になったのは、現在リリースしているバージョン以外のインストール用ファイルが存在しない事。
他はソースファイルしかない。
以前は古いバージョンでも.xpiファイルが置いてあった気がするのだが・・・私の勘違いだろうか?

というわけで今まで問題なく使えていた、保存してある0.9.1.1は消さずにとっておく。
新しいバージョンが原因で問題が出る可能性もあるので。


μBlock 0.9.3.0
https://github.com/chrisaljoudi/uBlock/releases/latest

Windows 10のブラウザで困ること [ソフトウェア]

Micro$oftは現地時間3月24日、Windows 10に搭載する新ブラウザ”Spartan”がIEのレンダリングエンジンを搭載しない事を発表した。

その代わりにWindows 10にはIE11も搭載して、IE向けの古いWebページのサポートを行うらしい。

何故このようなややこしい事になっているのかというと、IEはHTMLを独自に拡張した機能を搭載しているため、過去に作られた企業や官公庁などの万人に向けたデザインのWebページのほとんどが、Windowsが標準で搭載するIEの使用を前提とした、IEでなければマトモに動かない機能を含む設計になっているからだ。

そのおかげでページレイアウトやスクリプトの動作など、特にActiveXを使ったWebページはほぼ他のブラウザではレイアウトが崩れたり、ボタンが押せないなどの問題が出て利用できない。
この所為で私もFirefoxをメインブラウザとしながらも、IE専用ページを利用するためだけにIEを使う事が少なくない。(IE TABというプラグインで動作することもあるが、クラッシュする事が少なくないので実用的ではない)


Windows 10で新たに採用される”Spartan”も当然IE用のWebページは利用出来ない。
役所での手続きとか企業のWebページで何かしようとしても、IE前提の設計であるものは全て利用不可能なのである。そしてそのようなWebページは膨大で、今すぐ切り捨てるのは不可能。なので本当は今すぐ捨ててしまいたいIEを残すという選択肢しか、Micro$oftには無いのだ。


IE前提のWebページを運用している所は一秒でも早くやめて、どんなブラウザでも問題なく使えるように改めて欲しいと思う。

Windows 10のシステム要件(携帯端末) [ソフトウェア]

昨日の続きになるが、Windows 10を動作させるためのシステム要件が出ていた。

Windows 10が使える端末のシステム要件

この記事を見ると、スマートフォン等の携帯端末で対応する機種はかなり限定されそうだ。

理由はARM系で対応するSoCが、Qualcomm製SoCのごく一部しかない事。
以下記事中より抜粋した対応リスト。

Qualcomm     Intel      AMD
MSM8909  Cherry Trail   Carrizo
MSM8208   Skylake    Carrizo-L
MSM8994  Atom x3(LTE)
MSM8992
MSM8952

この内Qualcomm製SoCの名称とCPUコアはこんな感じ。

SoC型番       名称       CPUコア
MSM8909  Snapdragon 210 Cortex-A7
MSM8208  Snapdragon 208 Cortex-A7
MSM8994  Snapdragon 810 Cortex-A57
MSM8992  Snapdragon 808 Cortex-A57
MSM8952 ?Snapdragon 425? Cortex-A53

これらを搭載したスマートフォンやタブレットはどの程度あるのだろうか。
そしてこれら以外のSoCへの対応は今後追加されていくのか、それとも本当にこれだけという事なのか?


また、ハード的な対応以外にもソフトウエア的(いわゆるBIOS的な)な要件も発表されている。
それは、ファームウエア(Androidのファームウエアの事ではない)がUEFI 2.3.1とSecure bootに対応している必要があるという事。
Android端末のUEFIがどんなものかは知らないのでなんともいえないが、UEFIですらない端末も少なくは無いのではないかと思う。

もしUEFIの条件をクリアしている端末があるとすれば、それは現時点でIntelのSoCを搭載する端末だけである可能性もあるし、もしそうだとするのなら、ARM系SoCの端末は今後開発される物に限られ、今現在使用されている端末は全滅であるという事だ。

ただ、なんにしても現時点ではMicro$oftから発表された事以上のことはわからない。
過去に発売された端末がどの程度Windowsの導入に対応するのかも含めてだ。

なので、詳細はWindows 10が発売されるという7月以降より、少しずつ判明する事だろう。

Windows 10はAndroid端末に上書きインストール出来る? [ソフトウェア]

今日のGIGAZINEの記事にこんなものがあった。
Androidを上書きする「Windows 10」のカスタムROMをMicrosoftが開発中、スマホ勢力図が激変する可能性


記事の内容を簡単にいえば、既存のAndroid端末(スマートフォンやタブレット等)に対し、Windows PCに対する新規インストールと同様の事が可能になるというのだ。

しかしこれは技術的にとても難しい事だと思う。
特に、電源投入直後に読み込まれるファームウエアとブートローダーの書換えをどうするのかという問題があり、私の拙い知識で考えられる事はSPI FlashROM上のファームウエア書換えはせずに、ストレ-ジ上に書き込まれたAndroidのブートローダーを書き換えてブートシーケンスを途中でフックし、そこからWindowsのブートローダーを呼び出す事で回避するくらいしか思いつかない。

このブートに関する問題を回避したとしてもまだ問題は残る。
それは、あまりにも統一性の無いARM系SOCとその周辺のハードウエア構成をどう吸収するのか、という事だ。以前記事に書いたが、ARM系SOCは製造するメーカーや型番が異なると同一のバイナリが動作する保証が無い。Androidの場合はハードウエアごと専用に作られたLinuxベースのOS上にAndroid仮想マシンを走らせる事でこれに対応しているが、Windowsの場合でも同様の事をするのだろうか。
デバイスドライバで吸収出来る様な差異ならば何も問題が無いのだが。

そしてこれら二つの問題は、Windows 10のインストーラを複雑化させ、場合によってインストールの失敗の原因にもなる。実際の所、WindowsのメインプラットフォームであるIBM PC/AT互換規格に則った仕様のPCであってすら、インストールの失敗という現象はまれに起きるのだ。


そんなわけで、個人的には既存のAndroid端末にWindowsをインストール出来るという事は非常に歓迎したいことなのだが、実際問題としてそれが可能なのか、可能としてどの程度のものなのか、インストール出来る機種が極めて限られるんじゃないだろうか、と、色々思ってしまうのである。


Windows 10は今年夏 [ソフトウェア]

Micro$oftは現地時間17日、Windows 10を今年の夏に発売すると発表した。

今まで主流だった秋以降という予測よりだいぶ早い。
これは一日でも早く出荷する事によって少しでもシェアを稼ごうと言う魂胆なのだと想像する。


現在、いわゆる従来の「パソコン」に区分される、デスクトップとノート型パソコンの市場は飽和し、数的には縮小していくという予想が支配する。一方でスマートフォンやタブレット等の携帯端末の市場はこれからも伸びていくという予想から、Micro$oftとしては是が非でもこの市場でのシェアが欲しいわけだ。

一方で企業向けのデスクトップPCの市場は手堅く残り、ここでも確実にWindowsのシェアを確保したいという思惑もあると思う。そのため、移行が進まなかったWindows 8系のポジションを一日でも早くWindows 10に置き換え、他のOSやデバイスにシェアを食われないように必死なのだろう。

そして残るコンシューマー向けのパソコン市場では、個人所有のパソコンに対するWindows 10のプレゼンスはそれほど強くは無い。
こちらはWindows PCが廃れてもスマートフォンやタブレットで逃げた客を拾えば問題ないという考え方であるように感じる。理由はMicro$oftに、従来のパソコンと携帯端末の双方をWindows 10がサポートされる事に対する自信が透けてみえるからだ。


さて、Windows 10の登場による影響で一番困るのが過去のソフトウエア資産に対する互換性の問題である。

少なくとも、x86系のシステムで動くソフトウエアはWindows 10を搭載するx86以外のシステムでは動作しない。互換性が保証されているのはストアアプリのみで、これはARM系とx86系用に用意されたWindows 10の双方に「Windows 10 API set」というものを実装する事で実現しているからだ。
対して従来のWindowsソフトウエアは「Win32 API set」というもので動作している。これはx86系システム用に用意されたWindows 10にしか実装されない。

従って、スマートフォンやタブレットでは基本的に従来のWindows用ソフトウエアは動作しないと考えるべきだ。(ただしIntelやAMDのモバイル向けSOCが搭載されたものに関しては、動作する可能性を否定できない)

そしてx86用Windows 10であっても、過去のソフトウエアがどこまで動作するかもまだわからない。
特にXP時代以前から使っていたものは注意すべきだ。
そんな古いソフトなど今更不要という人ならば問題はないが、私も含めて動かないと非常に困るという人も決して少なくはない。

もし動かない場合が出たら古いシステムを残していくか、代替になるソフトウエアを探す(しかし有るのならとっくに移行している)しか無い。

頭の痛い問題である。

PWGen 2.5.3の日本語ファイル [ソフトウェア]

いつの間にかPWGen が2.5.3にまでバージョンアップしていたので言語ファイルを修正した。
UIが一部変更されていて、修正に多少手間がかかった。
ついでに意味不明だったり解り辛かったところも一部修正。


それにしても、時間と共に管理しなければならないパスワードがどんどん増えていく。
ネットで何かしようとすると今はなんでも会員登録しなければならないからだ。
おかげで現在私が登録しているサイトなどの数は100を超えている。
まあそのうちのいくつかはもう利用していなかったりサービスが終了しているものだったりするが・・・

当然このような状態で全てのパスワードを暗記など不可能。
というか、覚えているのは2~3個しかない。

なので私はパスワードを管理するソフトを利用している。
紙にメモとかでも良いのだが、管理や検索の事を考えるとやはりソフトウエアによる管理が良い。
ただし保存されるパスワードが平文だと危険なので、暗号化されるものが良い。

私は現在入手不可になった古いソフトを利用しているが、OSの更新でいつか使えなくなった時の事を考えないとなあ。


PWGen 2.5.3のダウンロードは以下から。
http://sourceforge.net/projects/pwgen-win/

日本語ファイルは以下より。(パスなし)
http://www1.axfc.net/u/3420172

Web広告を消す [ソフトウェア]

Webには広告が溢れている。

実際に自分が望む情報を持つWebページをダウンロードし、ブラウザで表示しようとしても、それとは無関係な広告が多数同時にダウンロードされ、それがWebブラウジングの快適さを著しく損なう事もしばしばだ。

またスマートフォンやタブレットなどの携帯情報通信端末では、広告のデータをダウンロードするだけでかなりのロスになる。
一定の通信量で速度制限が課されるようなケースでは不要な広告のデータをシャットアウトするだけでかなりの通信量削減になるし、重い画像や動画が表示されない事で情報処理の負荷が減る分バッテリーの消費にも影響が出るはず。

これだけならばまだしも、Web広告はマルウエアの感染源として利用される。
うっかり広告をクリックしただけで、ウイルスやトロイなどの各種マルウエアに感染する仕掛けが良く使われるのである。

このような邪魔な広告を消し、さらにトラッキングなどのプライバシー漏洩に繋がるスクリプトや危険なサイトまでをもブロックしてくれるフィルター、「μBlock」を現在テストしている。


μBlockはこの手のフィルターソフトとして有名な「AdBlock」互換のフィルターで、AdBlock用の定義がそのまま利用出来る。そのうえAdBlockと比べメモリーの消費量が少なく、AdBlockのように広告主から金銭を得てフィルターを解除するというような事もしない。


ブラウザはChrome、FirefoxSafariに対応。
OSは今の所Firefoxについてのみの確認で、Windows版だけ動作。Android版のFirefoxでは残念ながら動作しなかったので、こちらはAdBlockを使用中。

μblock.png
μBlockの設定画面。ここでチェックボックスをいじるだけで全てOKならば簡単なのだが。

現在私の環境であるWindows版Firefoxでの動作はバージョン0.8.7.0で一応安定しているように見える。が、Firefox版はまだ出て日が浅いので細かいバグは結構あるのかもしれない。

デフォルト設定での使用感は強力すぎるの一言。
ブロックする要素があまりにも多く、おかげでページレイアウトが崩れてしまう事も多い。
その代わりにページのダウンロードとレンダリング速度は体感できるほど向上した。

カスタマイズはAdBlockに慣れた身としてはあまりに違うUIに悩まされている。
フィルターの設定は簡単といえば簡単だが、細かく変更しようとするのなら相応の知識が必要だ。ここはまあAdBlockも同様だが。


というわけでまだ勉強不足で結論を出すのは早いが、とりあえずAdBlockよりは良さそうな感じ。
ただしフィルターリストを自分の使い方に合うようカスタマイズしないと、デフォルトで用意されたリストがあまりにも多くブロックしてくれるので不便を感じる事になるかもしれない。
しかしどうしても不便な場合はそのページに関して簡単にフィルターを切る事が出来るので問題ないと思う。

Windows版のFirefoxを使っているのならば、μBlockとNoscriptの二つを併用すればセキュリティに関してもかなり効果があるので、興味がある方には使用を是非お勧めしたい。


2015/03/20 追記

フィルターをWebページごとに後から設定変更する方法はこちら
Firefox版のμBlock 0.9.1.1 がリリース


μBlockの入手は以下の場所で。

μBlock
https://github.com/gorhill/uBlock

また、より詳しい紹介と使い方についてはGIGAZINEの記事で。

Adblockよりもはるかに軽い広告除去ツール「μBlock」を使ってみました
http://gigazine.net/news/20150210-ublock/

Windows RT の終焉 [ソフトウェア]

Micro$oftがARM系CPUを搭載するデバイス向けに提供していたWindows RTをプリインストールしたPC、「Surface 2」と「Nokia Lumia 2520」の製造が終了するようだ。
現在この2機種しかWindows RTを搭載するデバイスは存在しないようである。

従って、ここにWindows RTの終焉が決定した。登場からわずか2年3カ月での終焉である。


リリース当初から売れないと私は思っていたが、何故Micro$oftは販売を強行したのか。
開発と販売を計画した人達にとってはある意味挑戦だったのだろうが、私から見れば暴走でしかない。まあとにかくこれで、Windows 8の亜流であるWindows RTはMicro$oftにとって数多くある黒歴史の一つとして刻まれる事が決定した。


それにしても可哀想なのはWindows RTを搭載するデバイスを買った人達だ。
これらにはWindows 10へのアップグレードが用意されていない。
同じARM系CPUを搭載する「Raspberry Pi 2」のようなデバイスには用意されるのに、だ。

理由はわからないが、恐らくWindows RTをインストールされたデバイスはハードウエア的にかなり独自の仕様が盛り込まれていて、ARM版Windows 10をサポートするにもWindows RTデバイスのためだけによほど多くの開発リソースを割かねばならないのだと思う。


蛇足であるが、Windows 10のARM系デバイスへの対応は決定しているものの、対応出来るデバイスがなんなのか、という情報はまだ少ない。
少なくとも私が確認したのは先に挙げた「Raspberry Pi 2」だけである。

既存の、他のARM系デバイスについては仕様がかなりバラバラであるので、場合によってはその機種専用にコンパイルしたバイナリが多数必要になる可能性がある。
これはARM SOCが基本設計のみ共通で、同じコアを使用したSOCであっても開発した会社が違う場合には同じプログラムが問題なく動作する保証が無いためだ。
この辺り、まったく違う仕様であっても同一のバイナリが動作する事が保証されたx86系CPUとは大きく違う点である。

Androidの場合はこうしたハードウエアの差異を吸収するために、ハードウエアごとに開発された専用のLinux系OSの上にAndroid仮想マシンを走らせ、その上でアプリを動作させている。

もしかするとARM系デバイス用のWindows 10も仮想マシンで動作する仕様なのかもしれないが、実際どうなるのかは不明。
なお「Raspberry Pi 2」用のWindows 10プレビュー版は2015年2月現在、数ヵ月後に提供されるという事だ。


最後のWindows RTデバイスが製造終了 - 2年3カ月の歴史に終止符
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/05/463/

Windows RT版Surfaceには「Windows 10」更新なし
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/23/news111.html

Better Portable Graphics [ソフトウェア]

去年辺りからBPG(Better Portable Graphics)という、Jpegに代わる新しい画像フォーマット話題がちらほら見かけるようになった。

現在デジカメで写真を撮ると、ほとんどの場合Jpeg圧縮でファイルに保存される。
Webで使われる画像ファイルも9割がJpeg。残りはPNGかGIFかBMP。

ところが近年、画像ファイルがあまりにも多く使われるためにネットワークのトラフィックやサーバーのストレージスペースがかなり圧迫されていて、関係者を悩ませる種の一つになっているそうな。
そこでGoogleが「WebP」という新しいフォーマットを開発する動きになったりしているのだが、近年新しく策定された動画用圧縮規格であるH.265(HEVC)のサブセットとして開発された、BPGという画像用フォーマットに注目が集まり出している。

このBPG、Jpegと比べるとファイルサイズが十分の一で同等の画質を保てるそうで。
恐らく高圧縮フォーマットでありがちな、画質を上げていくと容量が増えた割りに画質は低いまま、という副作用が存在すると思う。しかし通常Webで使われるJpeg画像自体がかなり画質が悪いので、そのレベルまで情報量を落とした場合にはファイルサイズがJpegの十分の一という驚異的な圧縮率になるのだと思う。


bpg_vs_jpg.png
BPGとJPGの比較。この画像ではJpegに対し1/5という圧縮率になって、画質もはっきりとした劣化がわかる。
まあ圧縮の条件もあるだろう(使い方がよくわかってない)し、画像によって得手不得手もあるのだと思う。


さて、このように素晴らしい性能を見せる画像圧縮フォーマット、BPGであるが、今時そんな数キロバイト単位のデータ量削減がどれほど影響するのか、という意見も出ている。
実際日本の光回線の速度は1ギガbpsに達し、10Kbyteも1Mbyteも光回線で送るなら体感ではまったく変わらない、一瞬でダウンロードが終わる。
携帯用の無線ネットワークも、かつての3G以前と違ってLTE対応端末ならば解像度の高い写真をサクサクやり取り出来るから、FacebookやTwitterやブログなんかにアップロードするのも躊躇無くやれる。

でも良く考えて欲しい。
そのような行為をする人は、“日本だけ”でもどれほど居るのか。
スマホの普及に伴いWebコンテンツのリッチ度が上がり、そのために増えたデータ転送量は5年前と比べても10倍以上増えているのだ。
またクラウドストレージが普及し、自前の端末にはデータを置かず、まるでローカルストレージのようにネット経由でデータをやりとりする事が普通になりつつある。これらのデータの中には日頃スマホで撮り溜めた写真が、かなりの割合で含まれるのだ。iPhoneを使う人の場合なら自動的にクラウドにデータのバックアップを作るから、これはもう相当な量になるのである。


そんなわけで、Jpegと同等の画質でデータ量を十分の一にまで削減出来るBPG。
どれほど普及するかは、まだまだ未知数であるが。
かつて私がMP3という当時ドマイナーな音楽圧縮フォーマットを楽しんでいる間、現在のような普及度を見せるなど夢にも思わなかったように、気が付いたら世界標準になっているという可能性はゼロではない。

普及の鍵は主要なハードとソフトが採用するか否かにかかっている。
具体的には、ハードならデジカメと携帯電話(スマホ)。当然PCも含まれる。
ソフトウエアでは主にブラウザ。Windows10はなにやら標準でH.265に対応するからBPGも採用されるのではないかという話もある。後は画像を加工するソフト、要はフォトショップ等が対応する必要もある。

これらが全てBPGに正式対応し、標準画像フォーマットとして推奨されたならば。
BPGがJpegを駆逐し、世界標準になる可能性は十分にあるのだと思う。


BPG Image format
http://bellard.org/bpg/

BPG用のSusie plug-in ifbpg
https://github.com/256bai/ifbpg


Windowz 10 は無料でアップグレードできる [ソフトウェア]

現地時間の21日、M$主催のイベントで以前よりうわさされていた“Windows 10は無償でアップグレードできる”という話が確定した。

ただし制限があり、

・対象OSはWindows 7 と Windows 8.1 と Windows Phone 8.1 のみ
・期間限定でWindows 10 リリースより1年間

ということ。
期間限定に関しては、無償である事が“個人ユーザー向けの優遇措置”であるためと想像する。
何故かというと、現在Windowsを業務で使用する企業の大半がWindows 7であり、Windows 7は2020年までサポート期間があるうえに、昨年XPから7へ移行したばかりの企業が多く、これらを含めて多くの企業にとってWindows 10に移行する理由はかなり限定的なケースであるからだ。

まあ要するに、Windows 8が出た時にアップグレード版が1200円で売られたのと同じ、スタートで一気にシェアを稼ごうと、そういうツマラナイ理由なのである。
Windows8の時は失敗したから、多分今回も同じ道を辿るだろうなあ。


私自身、Windows 10にはなんの期待も無い。
何故ならWindowsとは単なるオペレーティングシステムとして私自身が必要とするソフトウエアを動作させるために必要な機能が備わっていれば十分で、それは今使っているWindows 7で100%達成されているからだ。

多くのWindowsユーザーである一般の消費者達だって、ヘタするとWindows=M$ Office であるとかInternet Explorer なんて感じかもしれない。
要は使いたいソフトが動けばOSなんてなんだっていいのだ。

ただ、スマートフォンの場合は話がかなり違う。
そもそもWindows Phone自体、使っている人が極めて少ないわけで。
一方でAndroidやiOSで利用出来るM$ Officeとか各種業務用Webサービスは増え続け、携帯端末でWindowsを使うメリットは企業でセキュリティなどの管理がある程度共通化できるとか?
業務用アプリの開発でWindowsのデスクトップやノートと共通のソフトウエアが使えるとか?
でもなんとなくだが、そんな事今更という感じが。
実際のところ、Windows 10 でWindows をOSとしたスマートフォンが劇的に売れるようになるとはとても思えない。


なんにせよ、今から待ち遠しいというよりも、もう新しいWindowsは出なくてもいいよというのが本音。
メインの環境で使えるようなら“あくまで可能性として”移行もあり得るが、例えアップグレードが無償であっても、今の所はWindows 7を使い続ける事になると思っている。

旧バージョンのAndroid、サポート打ち切り [ソフトウェア]

米GoogleはAndroidの旧バージョンについて今後サポートをしない。
具体的には、現時点ではAndroid 2.2~4.3について、今後セキュリティの脆弱性等の不具合があっても、不具合を修正するパッチを配布しない。

理由は恐らく、Android仮想マシンがAndroid 5.0以降から従来のDalvikからARTに置き換えられた事と関係があるのだと思う。要するに古い環境はさっさと捨ててしまい、新しいモノに開発資源を集中したいのだ。Dalvikを使う4.4に関してはまだ新しく利用者も比較的多いから仕方なくサポートするのだろう。

これは大問題だ。
不具合が単に特定の条件でエラーを起こすだけならばその条件を満たさない使い方で対応できるが、セキュリティ問題に関わる不具合となれば使い方でどうにかなるものではない。

つまり、セキュリティに対するリスクを持つ不具合を抱えた旧バージョンのAndroid OSが動作している全てのスマートフォンは、ウィルスなどのマルウエアやネットワークを通じた外部からの攻撃で、金銭や個人情報を狙った犯罪の優先的なターゲットにされるという事である。

この問題に対するGoogle側のコメントに「4.4より前のバージョンに影響する報告で、パッチを伴わないものについては、OEMに通知する以外の対応はできない」というものがある。
これは何か問題が出たら、最終製品であるスマートフォンを製造するメーカーで対応しろ、という事だ。

というわけで今後、最新のAndroidへのバージョンアップが見込めない端末を使っている場合、セキュリティアップデートがスマートフォンのメーカーから提供されないと問題を放置する事になる。
スマートフォンのメーカーはただでさえ新製品の開発で開発リソースが逼迫しているので、旧製品にどれだけ人手を割くことが出来るのか。
開発サイクルの短さを考えるとあまり期待は出来ないと思うが。


Google、古いAndroidのサポート終了か 9億台で脆弱性放置の恐れ

Firefox34のトラブル [ソフトウェア]

Firefoxが34にアップデートしてから数日が経つ。
この間私は随分不便な思いをしてきた。
その理由はFirefoxを起動した時に“前回開いていたタブの復元が出来ない”からだ。

私はFirefoxの設定を、「前回終了時のウィンドウとタブを表示する」に設定して使っていたが、バージョンアップ後にこの設定が反映されなくなった。
そして今日までこの問題を調べて結局はリセットしかないという結論に行き着いたので、Firefoxをリセットする羽目に。
が、案の定アドオンをはじめ様々な設定が消え、見るも無残なカタチになってしまった。

トラブルの調査中に見付けた、プロファイルフォルダの中で最古のファイルの日付は2005年11月26日。もう9年以上も上書きアップデートをしていたわけで、これまで大きなトラブルもなく使えていたのが不思議なくらいだと思って、仕方なく新しい環境を再度カスタマイズする事に決めた。

addons.png

とりあえずアドオンは必要最低限のこれだけ。
後は必要になる都度追加していこう。


9じゃなくて10 [ソフトウェア]

米M$が今日、次期Windowsを正式に発表した。
その名も「Windows10」。

え?9じゃなくて10?
理由はWindows8の失敗を引きずりたくないということらしい。

発売時期は2015年の後半らしいが、Windows9がこの秋に出るという噂はどうなったのか。今回のWindows10発表がそのような噂として広まったという事だろうか。

Windows9の噂の前は9月にWindows8.1のバージョンアップでスタートメニューが復活という話もあった。Windows10はこの「スタートメニューが復活したWindows8.1」に相当する製品なので、M$内部でも色々混乱があるのだろうか。

また、これもまた未確認情報だがWindows8.1からのアップデートとWindows7からのアップデートは無償になるという話もあった。こちらはどうなるのか不明なので予断は禁物か。


内容としては以前よりリークされていた内容そのものとなっている。
具体的にはWindows7と同様のスタートメニューが復活し、メトロUIから旧来のデスクトップが標準に戻った。またWindowsストアアプリは基本ウインドウではなくフルスクリーンで動作していたが、これもウインドウモードが標準に。悪しきスマホ用の作法から元に戻った形だ。
パソコンはスマホやタブレットと違い、複数のソフトウェアを同時に使い、複数のフォルダを開いて同時に複数の作業を行うという使い方が重要なので、スマホと同様なユーザーインターフェイスでは使い物にならないのは自明の理。M$もバカな事をしたとやっと反省したというわけだ。

その一方でWindows10は従来のWindowsOSの中で最も広いジャンルのハードウェアで動作する事を目的にしている。その中核には当然、タブレットやスマホが存在する。デスクトップパソコンのための機能が戻った一方で、携帯端末への対応もWindows8より一歩進んだものとなる模様。
現在はWindows8.1 with BINGとWindows RTという互換性の無い異なるWindowsがタブレット用に存在し、Windows Phoneがスマホ用に存在するが、これが統合されるのかもしれない。
またこのようなタッチパネル主体のデバイスで動作する場合は、メトロUIのようなタイル形式のメニューになり、ストアアプリの振る舞いもフルスクリーンモードが主体になるようだ。

とまあこんな感じで、他にも色々改良?されているらしいが、ユーザーインターフェイスに関してはまさに?という感じで、改良というより変更という見方の方がしっくり来る。内部的な改良は管理者等にはありがたい内容もあるようだが。

という事で、時期WindowsはWindows10で、発売は1年後くらい。
期待しないで待ってみようと思う。
前の30件 | - ソフトウェア ブログトップ
メッセージを送る