So-net無料ブログ作成
検索選択

SDカードもついにテラバイトの時代 [SSD]

世界初、1TBのSDカード開発 SanDisk
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/21/news066.html

あの薄っぺらくて小さなカードに1TBも記録できるようになるとは、10年前に一体誰が想像できただろう。


10年前と言えばちょうどSDHCの規格が出た頃。
当時の記事を検索してみたところ、2006年頃は256MB~1000MB(1GB)辺りが主流であり、最も大容量の製品が4GBなのだから時代を感じる。
最大容量の比較で言うと、当時と今では250倍もの差になる。(ちなみにSDカードは2GB、SDHCは32GB、SDXCは2TBが規格上最大記録容量である。)

以下当時の新製品の記事。

SDメモリカード新シリーズの発売について
https://www.toshiba.co.jp/about/press/2006_06/pr_j2801.htm

パナソニック、世界初SDHCメモリーカードを発表
http://www.digi-came.com/jp/modules/news/article.php?storyid=542

指先サイズの超小型メモリーカード「microSD(TM)カード」を発売
http://buffalo.jp/products/new/2005/000191.html

今ではAndroidのスマートフォン用に必須とも言えるMicroSD規格も、この頃から出回ったというのは記憶になかった。今ではあたりまえのように使っているが、出てからまだ10年程度だったとは。


そんなSDカードで1TBの新製品、価格はまだ発表されていないが、現在最大容量として出ている512GBが初登場時約10万円だった事から、これも約10万円になるのかなァと思う。
いくら1TBでも容量当りの単価を考えると高すぎると感じるが、ハイエンドでカードのブランドも最上級の“Extreme Pro”という事を考えると、機能的な価値を加えればご祝儀的な値段とはいえ妥当なのか。ちなみに現在512GBの“Extreme Pro”は35,000~40,000程度の価格らしい。

読み書き速度や信頼性などが相応に落ちる普及品が出れば、この半額くらいまで落ちるのだろうか。とはいえ、今までがそうであったように数年後には半額以下になっているのだろう。


それにしても、SDカードで1TBというのはどんな用途があるだろう。
デジタルカメラで写真を16bitのRAWフォーマットで記録するとか、或いは現在ハードディスクに記録している監視カメラの記録媒体を置き換えるとかくらいか。
これら以外の一般的な用途だったら使いきれないと思うが、10年前も恐らく4GBのSDカードなんて使い切れないと思っていたのだろうなあ。

・・・早く1TBのmicroSDXCカードが2000円程度で買えるようにならないものだろうか。



SSDの新時代 [SSD]

今年に入りSSDの価格低下が激しい。
主な原因はNAND Flashの相場が落ちた事だが、COMPUTEX TAIPEI 2016の記事を読むと今後はさらにSSDの価格低下が進む可能性が高いと思った。

こうした価格低下の背景には設備投資の償却が進んで生産コストが下がった事もあるかもしれないし、今までサムスンのみが出荷していた3D NANDが、東芝製やマイクロン製の出荷が始まっている事も関係しているかもしれない。
とはいえ、最も大きな要因はiPhoneの出荷台数が大幅に減少した影響かもしれないが、需要と供給のバランスも含めてNAND Flashの相場が下がる要因が複数ある事は確かだ。

さらに各種の低価格コントローラで市場への影響力が強い、カニのマークで有名なRealtekがSSDコントローラに参入して来た事も、SSDの価格低下に拍車をかける事だろう。


「3D NAND普及」と「大幅な価格低下」。
この二つの現象は、SSDをめぐる環境が新たな時代に入った事を意味する。

SSDの黎明期はSSDは高価なデバイスであり、一部のハイエンドモデルを省き不具合の多い時代であった。また、市販のパソコンに採用される例も極めて少なかった。

次に訪れた普及期は価格低下が進み、ハードディスクよりも高価ではあるものの市販パソコンへの標準採用やオプションでの選択肢になるケースが増えて、さらに速度と信頼性において格段の進歩を遂げた。

そして、今年を起点とする次の時代。
価格はハードディスクと直接比較できるまでに近付き、容量も増えて、ハードディスクからSSDへの転換が今まで以上に進む事になるだろう。特にノートパソコンの場合は主にSSD用として普及が始まっている新しい汎用インターフェイス「M.2スロット」の存在が大きい。そういう意味でも、すでに下地は出来上がっているわけだ。


3D NANDの普及は今までSSDの大容量化と低価格化の障壁だった、チップ1枚当りの限界容量を大幅に増大させ、今では1枚で256Gbit≒32GBもの容量を持つ製品も出荷されている。そして今後さらに384Gbit、512Gbitといった製品も出てくるだろう。そのうえ今はチップ一枚当りの製造単価が高くとも時間と共にそれは低下していき、容量の増加と合わせてチップ単価の低下がさらに進む事は目に見えている。

以前SSDに関する記事を書いた時は、NAND Flashの進化よりも先に次世代不揮発メモリが出てくると思っていたが、次世代不揮発メモリの開発は難航し、代わりに3D NANDの登場によってNAND Flashの大容量化を阻む要因(微細化の限界)がある程度克服され、読み書きの速度と信頼性に関してはこまでの常識を覆す技術によって大幅に改善している。
データ保持寿命の問題も3D NAND化でキャパシタの容量が増え、恐らく絶縁膜の改良もあって50nm世代のレベルにまで回復していると思われる。


こうなるとハードディスクの用途はデータの倉庫、アーカイブ用途としての使い方に今まで以上に偏る事になりそうだ。しかしそれも、アーカイブ用途においては新世代のテープドライブと競合しているので、いずれテープに支配される可能性もある。
(私はアーカーブ用途ではテープが良いと考えている。)

実際すでに私の環境ではシステムとアプリケーションはSSD、データはハードディスクという使い分けになっているが、そもそもデータを別のドライブに保存するという用途が一般の消費者にどれほどあるだろうか。ましてや、現在は無線ネットワークとクラウドストレージの普及で、端末にデータをあまり置かないのが普通の時代である。

そう考えると一般のパソコンに搭載されるストレージはほとんど全てがSSDのみとなり、ハードディスクを利用するのは一部の限られた人だけになるかもしれない。




ADATAが3D NANDフラッシュ採用新型SSDをお披露目
http://ascii.jp/elem/000/001/173/1173964/

Apple神話崩壊、iPhone初の販売台数減&四半期決算も13年ぶりの同期比減益
http://gigazine.net/news/20160427-apple-revenue-decline/


メッセージを送る