So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

DDR5は何時から使えるようになるのか? [ハードウェア]


パソコンに関する海外の記事をいち早く紹介してくれる北森瓦版に、DDR5に関するこのような投稿があった。


CadenceとMicronがDDR5 4400MHzのデモを行う―2019年リリース予定
https://northwood.blog.fc2.com/blog-entry-9359.html


この記事によると、DDR5では過去の発表にあった通り6400MHz動作までを見込んでいるということだ。(DDRメモリは信号の立ち上がりと立下りの2回カウントする場合があるので6400Mhzと書いたが、リンク先の過去記事では実際の周波数である3200Mhzと表記されている)

DDR5で6400Mhzというと、DDR4で3200Mhz、DDR3で1600Mhz、DDR2で800Mhz、DDRで400Mhz。

DRAMの動作周波数は全ての規格で200Mhzになる。


今の所、JEDECで規格化され市販に至ったDDR4メモリモジュールの最高動作周波数は2666Mhz。3200Mhzにはまだ及ばない。

オーバークロックモジュールでなら3200Mhzどころか4000Mhzを超えるものまで出ているが、動作電圧は1.2Vではなく1.35Vかそれ以上なので、これらは規格外の製品である。

1.2V動作のDDR4-3200メモリモジュールが出るのは、まだ当分先の話になるだろう。

DDR3の場合はDRAMの動作周波数が133Mhzのモジュールが出て1年余りでDRAMの動作周波数が200Mhzの製品まで出揃ったが、DDR4は2年以上経ってもまだ出る気配すらない事を考えると、DDR5でも動作周波数の向上にはかなり時間がかかる事になると思われる。

最悪の場合DDR4が3200Mhzに到達する前にDDR5が出て、DDR5も6400Mhzに達する前に次の規格へ移行なんて事もあり得る。


また、記事では2019年には製品の流通が始まると書かれているが、これはサーバー用であり、モジュールが4400MHzならばDRAMは133Mhz動作のチップが使われる。DDR4で言えばDDR4-2133クラスの周波数(データ転送は2倍)となり、CASレイテンシは20CLKを超えると思われる。当然Buffered DIMMであり、一般のパソコンでは使えない。

DDR4の例から考えると、DDR5が一般のパソコン用として普及するにはサーバー用が出てから2年以上後になると思われる。(DDR4のサーバー用は2013年、一般用は2015年から利用が始まった)

だが、転送速度が2倍となった関係でマザーボード側に設計の制約が科されるかもしれない。具体的には最低でも6層基盤が要求され、さらにDIMMスロットは最大2本となる可能性がある。
この事が普及を先延ばしにするかもしれない。

しかもこうした制約にも関わらず実際の製品が出るには、DRAMチップの性能向上を待つ必要が出てくる可能性も考えなければならない。
サーバー用の部品と比べ安価に製造しなければならない以上、そのしわ寄せを吸収する必要があるからだ。

そのためさらに普及が遅くなる要素を抱えていると言える。


以上の事から一般のパソコン用にDDR5のメモリモジュールが利用できるようになるのは、早ければ2021年後半、遅ければ2022年以降になると私は予想する。

当然、来年予定されているIntelのIceLakeやAMDのRyzen2はDDR4のまま、そしてその後最低でも2世代に渡ってDDR4が使用され続ける事になるだろう。

AMDのプラットフォームであるSocket AM4も、恐らくDDR5対応のCPUが出るまで使われ続ける事になる。


参考:

多様化でDRAMが変わる、メモリ階層が変わる
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/650009.html

次世代ハイエンドDRAM「DDR4」の全貌
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/589890.html

次世代のサーバー/ハイエンドPC向けDRAM「DDR5メモリ」
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/semicon/1076835.html



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。